• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

日本人看板プロ不在のツケ 今や国内ツアーは“イ・ボミ頼み”

 スマイルキャンディーさまさまということか。

 今年の国内女子ツアーが幕を閉じた。男子を含めた日本ツアー史上最高額約2億3049万円を稼ぎ、初の賞金女王に輝いたイ・ボミ(27)の強さが際立った。37戦中22戦を外国人プロが制した。

 賞金ランクも上位5位までを外国人プロが独占。日本ツアーの正式メンバーではないチョン・インジ(21=韓国)も、公式戦3戦出場で2勝を挙げるなど、賞金ランクは16位相当(5468万円)。外国人プロ上位5人だけで約7億円、女子ツアーの賞金総額33億8000万円の20%以上を稼いだことになる。

 日本人プロの賞金女王は、過去6年間で一昨年の森田理香子(25)ひとりだけ。今季は渡邉彩香(22)が日本人としては唯一1億円を超えた(6位)。それでも同2位のテレサ・ルー(28)、同4位のアン・ソンジュ(28)が出場26試合であるのに対し、渡邉は34試合。8試合多くても追いつけなかったわけだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事