• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

プロが「決定差」解説 女王イ・ボミにあって日本人にないもの

【伊藤園レディス】

 初日から首位キープのイ・ボミ(27)が完全Vで今季6勝目を挙げ、2試合を残して初の賞金女王タイトルを獲得した。賞金額は日本女子ツアー初の2億円超えとなる2億781万円になった。

 それにしても強い。3日間でボギーは1つだけ。

 最終日も3バーディー、ノーボギーと崩れなかった。単独3位以内でもタイトルを手にできたが、後続に付け入るすきを見せず優勝で決めた。

 今季データを見ればイーグル数(1)こそランク44位だが、パーオン率、パーセーブ率が1位で、平均ストローク、平均パット数、平均バーディー数は2位と抜群の安定感を誇っている。

「日本国内でプレーしている限りイ・ボミは来年も賞金女王争いができるでしょう」と田原紘プロがこう解説する。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事