ミスで表情変わる日本女子プロはイ・ボミに絶対かなわない

公開日:  更新日:

【コラム 菅野徳雄「日本のゴルフを斬る」】

 アメリカの選手にはクリスチャンが多いので、彼らが優勝したときの共同記者会見は、昔からよく選手の「神への感謝」から始まった。

 今季7勝し、獲得賞金が男女を合わせて史上最高の2億2500万円を突破したイ・ボミは試合中、ふとしたときに十字を切っていることがあるので、クリスチャンであることは分かっていた。

 アメリカの選手のように、記者会見で神への感謝を言葉にすることはないにしても、どんなピンチに立ったときでも、ミスをしたときでも表情ひとつ変えないのは、ゴルフが出来ることに常に感謝しながらプレーしているからだと思う。

 技術面については「スイングプレーンが崩れることはまずない。どんなショットをするときでもバックスイングとダウンスイングのテンポが変わらないのが最大の強みだ」とよくいわれる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    第2の加計問題? “漁業潰し”仕掛人は規制改革のメンバー

  2. 2

    自画自賛が一転…“イッテQ疑惑”対応を誤った日テレの痛恨

  3. 3

    呆れた安倍内閣 「徳」なし総理の下「徳」なし大臣集まる

  4. 4

    日ハム吉田輝星の原点 「投球フォーム」に託した父の願い

  5. 5

    玉城デニー沖縄知事の訪米に官邸・外務省が“横ヤリ”疑惑

  6. 6

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  7. 7

    都内のスーパーで特売品を 安室奈美恵「引退後2カ月」の今

  8. 8

    声優・落合福嗣「下町ロケット」出演で個性派俳優の道も?

  9. 9

    遠藤憲一はなぜ“Vシネ横綱”竹内力&哀川翔を凌駕できた?

  10. 10

    「イッテQ」疑惑で日テレ冬の時代へ…構造的問題の指摘も

もっと見る