• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ミスで表情変わる日本女子プロはイ・ボミに絶対かなわない

【コラム 菅野徳雄「日本のゴルフを斬る」】

 アメリカの選手にはクリスチャンが多いので、彼らが優勝したときの共同記者会見は、昔からよく選手の「神への感謝」から始まった。

 今季7勝し、獲得賞金が男女を合わせて史上最高の2億2500万円を突破したイ・ボミは試合中、ふとしたときに十字を切っていることがあるので、クリスチャンであることは分かっていた。

 アメリカの選手のように、記者会見で神への感謝を言葉にすることはないにしても、どんなピンチに立ったときでも、ミスをしたときでも表情ひとつ変えないのは、ゴルフが出来ることに常に感謝しながらプレーしているからだと思う。

 技術面については「スイングプレーンが崩れることはまずない。どんなショットをするときでもバックスイングとダウンスイングのテンポが変わらないのが最大の強みだ」とよくいわれる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事