• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

米での実績に?印…虎竜が獲得「新助っ人打者」の破壊力は

 来季への巻き返しを期する阪神、中日が揃って新助っ人獲得を発表した。

 今季は3位に終わり、金本新監督が誕生した阪神は、解雇したマートンに代わる中軸候補としてマット・ヘイグ(30=前ブルージェイズ・右投右打)と1年8000万円で契約。ポジションは主に三塁、一塁。外野も守れるそうだが、今季は固定できなかった三塁起用が濃厚だ。

 メジャーでの実績は乏しく、通算43試合で本塁打は0本。一方、3Aでは今季リーグMVPを獲得。136試合で、打率.338、11本塁打、92打点の成績で、177安打はリーグ最多だった。メジャーに詳しいスポーツライターが言う。

「今季は全596打席で65三振。何でもかんでも振り回すタイプではなく、61四球なら選球眼も悪くない。全体的に速球、変化球の空振り率も高くなく、広角に打てて、ある程度のアベレージは稼げるでしょう。ただ、3Aで11本塁打とパワー不足。これがメジャーで定着できない理由の一つだった。長打がないといわれたマートンですら、06年にメジャーで13本塁打。打率3割は打ったとしても、10本塁打程度と見ている。一発がないため、ライバル球団からすれば、怖さはないでしょう」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事