米での実績に?印…虎竜が獲得「新助っ人打者」の破壊力は

公開日:  更新日:

 来季への巻き返しを期する阪神、中日が揃って新助っ人獲得を発表した。

 今季は3位に終わり、金本新監督が誕生した阪神は、解雇したマートンに代わる中軸候補としてマット・ヘイグ(30=前ブルージェイズ・右投右打)と1年8000万円で契約。ポジションは主に三塁、一塁。外野も守れるそうだが、今季は固定できなかった三塁起用が濃厚だ。

 メジャーでの実績は乏しく、通算43試合で本塁打は0本。一方、3Aでは今季リーグMVPを獲得。136試合で、打率.338、11本塁打、92打点の成績で、177安打はリーグ最多だった。メジャーに詳しいスポーツライターが言う。

「今季は全596打席で65三振。何でもかんでも振り回すタイプではなく、61四球なら選球眼も悪くない。全体的に速球、変化球の空振り率も高くなく、広角に打てて、ある程度のアベレージは稼げるでしょう。ただ、3Aで11本塁打とパワー不足。これがメジャーで定着できない理由の一つだった。長打がないといわれたマートンですら、06年にメジャーで13本塁打。打率3割は打ったとしても、10本塁打程度と見ている。一発がないため、ライバル球団からすれば、怖さはないでしょう」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    安倍首相は「年金資産」を北方領土とバーターする気だった

  3. 3

    大谷のア新人王を非難 東地区2球団の投手陣が右肘を狙う

  4. 4

    日産ゴーン逮捕の裏側と今後 衝撃はこれからが本番だ<上>

  5. 5

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  6. 6

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  7. 7

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

  8. 8

    ソフトBが“相場破壊” 浅村に大魔神&松井超えの札束用意か

  9. 9

    大みそかToshlとYOSHIKI“バラ売り” 「X JAPAN」どうなる?

  10. 10

    大人も答えられない「正しいあいさつ」を小2に押しつけ

もっと見る