米での実績に?印…虎竜が獲得「新助っ人打者」の破壊力は

公開日:  更新日:

 来季への巻き返しを期する阪神、中日が揃って新助っ人獲得を発表した。

 今季は3位に終わり、金本新監督が誕生した阪神は、解雇したマートンに代わる中軸候補としてマット・ヘイグ(30=前ブルージェイズ・右投右打)と1年8000万円で契約。ポジションは主に三塁、一塁。外野も守れるそうだが、今季は固定できなかった三塁起用が濃厚だ。

 メジャーでの実績は乏しく、通算43試合で本塁打は0本。一方、3Aでは今季リーグMVPを獲得。136試合で、打率.338、11本塁打、92打点の成績で、177安打はリーグ最多だった。メジャーに詳しいスポーツライターが言う。

「今季は全596打席で65三振。何でもかんでも振り回すタイプではなく、61四球なら選球眼も悪くない。全体的に速球、変化球の空振り率も高くなく、広角に打てて、ある程度のアベレージは稼げるでしょう。ただ、3Aで11本塁打とパワー不足。これがメジャーで定着できない理由の一つだった。長打がないといわれたマートンですら、06年にメジャーで13本塁打。打率3割は打ったとしても、10本塁打程度と見ている。一発がないため、ライバル球団からすれば、怖さはないでしょう」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  2. 2

    次女コウキのデビュー遠因か…父・木村拓哉が漏らした本音

  3. 3

    進退かかる稀勢の里…初場所で引退発表の“デッドライン”

  4. 4

    3700km横断!脳腫瘍の少年に愛犬届けたトラック野郎に喝采

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    月船さららさん 宝塚1年目の罰ゲームでドンペリを一気飲み

  7. 7

    進退問題への発展必至 JOC竹田会長の“後任”に浮上する面々

  8. 8

    熊のぬいぐるみから 娘のXマスプレゼントに母が涙したワケ

  9. 9

    一世風靡セピアで活躍の春海四方さんが名脇役になるまで

  10. 10

    脚が悪い犬を手術…獣医が「ネズミの着ぐるみ姿」なワケ

もっと見る