• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

米での実績に?印…虎竜が獲得「新助っ人打者」の破壊力は

 来季への巻き返しを期する阪神、中日が揃って新助っ人獲得を発表した。

 今季は3位に終わり、金本新監督が誕生した阪神は、解雇したマートンに代わる中軸候補としてマット・ヘイグ(30=前ブルージェイズ・右投右打)と1年8000万円で契約。ポジションは主に三塁、一塁。外野も守れるそうだが、今季は固定できなかった三塁起用が濃厚だ。

 メジャーでの実績は乏しく、通算43試合で本塁打は0本。一方、3Aでは今季リーグMVPを獲得。136試合で、打率.338、11本塁打、92打点の成績で、177安打はリーグ最多だった。メジャーに詳しいスポーツライターが言う。

「今季は全596打席で65三振。何でもかんでも振り回すタイプではなく、61四球なら選球眼も悪くない。全体的に速球、変化球の空振り率も高くなく、広角に打てて、ある程度のアベレージは稼げるでしょう。ただ、3Aで11本塁打とパワー不足。これがメジャーで定着できない理由の一つだった。長打がないといわれたマートンですら、06年にメジャーで13本塁打。打率3割は打ったとしても、10本塁打程度と見ている。一発がないため、ライバル球団からすれば、怖さはないでしょう」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  2. 2

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  3. 3

    吉澤ひとみの逮捕で…「元モー娘。」相次ぐ謝罪の違和感

  4. 4

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  5. 5

    安倍自民がブチあげ「省庁再々編」は国民ダマしの常套手段

  6. 6

    安倍首相が総裁選で獲得 地方票「55%」の怪しいカラクリ

  7. 7

    崩れた圧勝皮算用 安倍3選という「終わりの始まり」<上>

  8. 8

    フィギュアスケート日野龍樹さんの好物は目玉焼きのせご飯

  9. 9

    森友裁判で新展開 近畿財務局の前総務部長が法廷で証言へ

  10. 10

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

もっと見る