• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

貧打巨人が年俸5億円で狙う「メジャーの大砲」5人の名前

 貧打でV逸した巨人が久々に大物外国人選手の獲得を目指している。ターゲットは「メジャーの大砲」。代理人関係者によると、巨人側の条件は「30本塁打以上を打てる長距離打者」で「年俸は3億~5億円」ほどの選手らしい。最近は年俸1億円以下、マイナークラスの助っ人が多かったから、巨人の本気度がうかがえる。この条件に合致し、所属先からFAになった獲得可能な選手を、メジャー事情に詳しいスポーツライターの友成那智氏にピックアップしてもらった。

■ダルの元女房役

 一番の大物は、マイク・ナポリ内野手(34=右投右打)。今季途中にレッドソックスからレンジャーズに復帰。主に一塁を守ったが、かつてレンジャーズに在籍していた頃は捕手としてダルビッシュとバッテリーを組んでいた。メジャー通算10年間で204本塁打、577打点。08年から6年連続20発以上を放っている文句なしの長距離砲である。加えて「親日家」ともいわれる。今季の年俸は約19億2000万円(1600万ドル)と高額だが、友成氏はこう言った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事