MAX163キロも制球力は? 楽天助っ人リズ掛け値なしの評価

公開日: 更新日:

 楽天は27日、ロッテからFA宣言していた今江との契約合意を発表。梨田監督はかねて「ポジション(三塁)を空けて待つ」と話しており、下にも置かぬ好待遇で迎えられることになる。

 そこへいくと、26日に入団が発表された新助っ人のラダメス・リズ(32=右投げ右打ち)はどうか。前所属のパイレーツでは今季14試合でリリーフ登板し、1勝4敗、防御率4.24。MAX163キロの剛腕という触れ込みだが、23回3分の1を投げて15与四死球だ。安部井チーム統括本部長は「先発も抑えも出来る」と話しているが、球が速いだけのノーコン投手ではないのか。

 メジャー事情に詳しいスポーツライターの友成那智氏はこう話す。

「セットアッパーなら活躍できると思います。中継ぎの層が厚いパイレーツで、救援陣7人枠の7、8番手だった投手です。来季33歳という年齢がネックで放出されたが、力が衰えたわけではありません。3Aでは64回3分の1で4勝5敗、防御率1.40。与四球も24と多くはなかった。先発だと平均153キロ程度の直球も、リリーフに限れば平均158キロは出ます。これといった変化球がない力押しの投手なので抑えは難しいかもしれませんが……」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    神田沙也加は不倫離婚か “格下”ばかりと熱愛する深層心理

  2. 2

    エ軍大谷が2回目の契約更改へ 投手全休で来季年俸いくら?

  3. 3

    安倍政権に国家賠償も…「桜」がジャパンライフ被害を加速

  4. 4

    高畑充希&坂口健太郎“いつ恋婚”のタイミング 強行突破も

  5. 5

    二宮和也は2021年6月に“海外挙式”へ 気になる場所と招待客

  6. 6

    大谷、菅野…更改で気になる高給取り5選手のカネの使い道

  7. 7

    「桜」会見支離滅裂釈明 菅長官辞任なら安倍政権どうなる

  8. 8

    殺し合いで圧倒した側の論理が筋になるのがヤクザの喧嘩

  9. 9

    安倍政権中枢総ぐるみ ジャパンライフ汚染議員30人の名前

  10. 10

    高畑充希「同期のサクラ」視聴率“右肩上がり”に3つの要素

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る