原vs田嶋の一騎打ち様相も JFA会長「脱密室選考」の不安

公開日:  更新日:

 来年1月に初めて実施される「日本サッカー協会(JFA)次期会長選挙」の立候補受け付けが1日にスタートした。

 さっそくJFA専務理事の原博実氏(57)が、立候補に必要な書類を選出管理委員会準備室に提出。有力候補といわれていたJFA副会長でFIFA(国際サッカー連盟)理事を兼務する田嶋幸三氏(58)は、書類作成中であることを明かして「ルールにのっとって準備ができ次第、お伝えしたい」と話した。

 これまでJFAの会長は、JFA幹部で構成される役員選考委員会で推挙された人物が、そのまま会長に納まってきた。「大仁現会長、小倉前会長、犬飼前々会長と直近の会長3人は、サッカー界の実力者・川淵元会長の意向が大きく反映された」(サッカー関係者)こともあって「密室選考と呼ばれてきた」(前出の関係者)。数年来、FIFAから「会長は選挙で決めなさい」と指導を受け、重たい腰を上げて会長選に踏み切った格好。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  2. 2

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  3. 3

    自公3分の2圧勝シナリオ 1.28通常国会“冒頭解散説”急浮上

  4. 4

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

  5. 5

    USJ導入で注目 深刻な人手不足に「変動料金制」拡大の予感

  6. 6

    海老蔵は“秒読み”? 没イチ男性が死別再婚する時の注意点

  7. 7

    “NHKシフト”へ本格始動と話題 内村光良が日テレを見切る日

  8. 8

    巨人ナインに深刻“長野ロス”…超気配り男の逸話伝説も数々

  9. 9

    広島移籍の長野が本音を吐露「新井さんの代わり荷が重い」

  10. 10

    初登場G球場で“孤独トレ” 丸は巨人で「我」を貫けるのか

もっと見る