• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

トップ2人永久追放検討 誰が会長ならFIFA汚職が消えるのか

 国際サッカー連盟(FIFA)のブラッター会長が、FIFA倫理委員会から永久追放処分を受ける可能性が出てきた。24日、独紙「ウェルト」が報じた。

 ブラッター会長はFIFA資金の中から不法に約2億4000万円をプラティニ副会長に支払った疑いで、すでに90日間の暫定活動停止処分を受けている。

 受け取った側で同様に90日間の活動停止処分を受けたプラティニ副会長も同日、永久追放処分が検討されていることが分かった。組織のトップ2人がそろって「永久追放」とは前代未聞だ。

 来年2月にはFIFAの新たな会長が理事の選挙によって決まる。欧州サッカー連盟のインファンティノ事務局長(スイス)、アジア・サッカー連盟のサルマン会長(バーレーン)、フセイン王子(ヨルダン)、実業家のセシュワレイ氏(南アフリカ)らが立候補しているものの、トップが代われば汚職はなくなるのか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事