JFA専務理事 原技術委員長が「兼務」でこれだけのプラス

公開日: 更新日:

 空席だった日本サッカー協会・専務理事を強化担当技術委員会の原博実委員長(55)が兼務することになった。
「日本代表強化のための人事だが、イメージアップの目的もある」と某マスコミ関係者が続ける。

「元会長・川淵氏のお気に入りだった前任者・田中道博氏は協会内での傲慢な行動で孤立し、さらにはセクハラ疑惑をメディアに報じられ、体調不良を理由に10月に退任した。サッカー協会の大仁会長、田嶋副会長は『セクハラはなかった』と言明したが、飲食店や地方協会懇親会での立ち居振る舞いから“限りなくクロ”に近かった。後任は“明るくて清新なイメージ”が望まれた。そこで元日本代表のストライカーにして浦和、FC東京の監督を歴任した原さんに白羽の矢が立った」

 今回の人事は、半年後に迫ったブラジルW杯で日本代表が《初のベスト8入り》を狙う上でもプラスになる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    危機感が足りない?新型コロナ蔓延でも芸能人は遊びまわる

  2. 2

    二宮夫人を悩ます 嵐の“活動休止延長”と羽田新飛行ルート

  3. 3

    コロナ患者激白「喉に金串が刺さったような耐え難い痛み」

  4. 4

    「コロナ感染ウソ」で露呈 JYJジェジュンの非常識と幼稚さ

  5. 5

    錦戸亮の大誤算…コロナ禍と新人活躍でドラマオファーなし

  6. 6

    「収束後は」って何?くだらないことに税金使うって話だろ

  7. 7

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  8. 8

    世界で猛威のコロナウイルスを商標出願したのはあの人物!

  9. 9

    手薄なコロナ対策 世界の家計支援から浮く日本の冷酷非情

  10. 10

    30万円給付は7月? 安倍政権「コロナ補償」に悪評ふんぷん

もっと見る