巨人がFAで異例の呼び戻しへ 西武・脇谷が託される“大仕事”

公開日:  更新日:

「いろんな意味で尊敬できるチーム」

 巨人から離れて2年。外から見てそう思ったそうだ。

 西武からFA宣言した脇谷亮太(34)が16日、都内のホテルで巨人と1回目の交渉を行い、今季限りで引退した井端の背番号「2」と単年契約を提示された。「2年前、ああいう形(人的補償)で移籍して、それでも声を掛けていただける。球団からの熱意を感じた」と納得の表情。他球団からのオファーは「ない」と言うから、3年ぶりの巨人復帰が決定的となった。

 交渉中、秋季キャンプ中で宮崎に滞在している高橋由伸監督(40)と電話で話をした。「入団するのであれば、監督を胴上げできるくらい死に物狂いで頑張ります」と言うと、「当たり前だ」との返答だったという。

 2年前、巨人にFA移籍した片岡の人的補償として西武に移籍した。28人のプロテクト枠に入れなかった事実――。当時の原監督や球団に忸怩たる思いがあったに違いない。だが、新天地で奮闘した。今季は118試合に出場。自己最高の打率.294、得点圏打率.333をマークした。堤GMは「ウチにいた時から内野ではいろんなポジションができるし、左打者として力が残っている。いろんな面で穴を埋めてもらえる」と純粋に戦力としての評価と強調。決まれば人的補償選手初のFA移籍となる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  2. 2

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  3. 3

    警察が運営阻止? 6代目山口組・高山若頭に早くも再逮捕説

  4. 4

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  5. 5

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

  6. 6

    したたか仏政府 ルノーとの経営統合要求で日産“強奪”狙い

  7. 7

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  8. 8

    持ち家派も…定年後は限りなく“住居費負担ゼロ”を目指す

  9. 9

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  10. 10

    やっぱり賃金は下がっている 虚飾の政権で沈む日本経済

もっと見る