2カ月ぶり14号が満塁弾 西武・森友哉「DH剥奪危機」脱した

公開日:  更新日:

 西武・森友哉(20)が1日のソフトバンク戦で、約2カ月ぶりとなる14号本塁打を放った。

 六回2死満塁。ソフトバンク・巽の内角直球をフルスイングした打球は大きな放物線を描いて右翼席中段へ。実に6月26日以来の一発はプロ入り初の満塁弾。ダイヤモンドを回る森から満面の笑みがこぼれた。

「なかなかホームランが出なくて、凄く悔しかった。ずっとチームに貢献できなかったので、今日打てたのはうれしいです」とは試合後の本人。

 今季は開幕から一軍も、7月以降は勤続疲労もあってパワー不足に陥り、安打は出ても長打が出ない悶々とした日々が続いていた。ここ5試合も17打数無安打。専売特許のフルスイングから快音は響かず、「指名打者」のスタメン剥奪の危機さえあった。

 そんなモヤモヤを晴らした一発だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  2. 2

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  3. 3

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  4. 4

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  5. 5

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  6. 6

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  7. 7

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  8. 8

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  9. 9

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  10. 10

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

もっと見る