2カ月ぶり14号が満塁弾 西武・森友哉「DH剥奪危機」脱した

公開日: 更新日:

 西武森友哉(20)が1日のソフトバンク戦で、約2カ月ぶりとなる14号本塁打を放った。

 六回2死満塁。ソフトバンク・巽の内角直球をフルスイングした打球は大きな放物線を描いて右翼席中段へ。実に6月26日以来の一発はプロ入り初の満塁弾。ダイヤモンドを回る森から満面の笑みがこぼれた。

「なかなかホームランが出なくて、凄く悔しかった。ずっとチームに貢献できなかったので、今日打てたのはうれしいです」とは試合後の本人。

 今季は開幕から一軍も、7月以降は勤続疲労もあってパワー不足に陥り、安打は出ても長打が出ない悶々とした日々が続いていた。ここ5試合も17打数無安打。専売特許のフルスイングから快音は響かず、「指名打者」のスタメン剥奪の危機さえあった。

 そんなモヤモヤを晴らした一発だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ゴタゴタ続き…阪神低迷の“A級戦犯”フロントが抱える問題

  2. 2

    阪神には行きたくない 糸井2世も敬遠する球団の構造的欠陥

  3. 3

    埼玉大・高端准教授が警鐘「自助、共助」を強調する危うさ

  4. 4

    菅内閣“ご祝儀報道”の裏で着々…真の肝入りは法務と警察

  5. 5

    菅新内閣の不真面目3閣僚 デジタル担当相はワニ動画で物議

  6. 6

    優香に女優復帰待望論 衰えぬ美貌で深キョンもタジタジ?

  7. 7

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  8. 8

    ドラ1候補・明石商中森の母が明かす プロ志望表明の舞台裏

  9. 9

    阪神ファン大胆提言「矢野監督解任、岡田彰布氏で再建を」

  10. 10

    松田聖子40周年で根性のフル回転…唯我独尊貫くエピソード

もっと見る