2カ月ぶり14号が満塁弾 西武・森友哉「DH剥奪危機」脱した

公開日: 更新日:

 西武・森友哉(20)が1日のソフトバンク戦で、約2カ月ぶりとなる14号本塁打を放った。

 六回2死満塁。ソフトバンク・巽の内角直球をフルスイングした打球は大きな放物線を描いて右翼席中段へ。実に6月26日以来の一発はプロ入り初の満塁弾。ダイヤモンドを回る森から満面の笑みがこぼれた。

「なかなかホームランが出なくて、凄く悔しかった。ずっとチームに貢献できなかったので、今日打てたのはうれしいです」とは試合後の本人。

 今季は開幕から一軍も、7月以降は勤続疲労もあってパワー不足に陥り、安打は出ても長打が出ない悶々とした日々が続いていた。ここ5試合も17打数無安打。専売特許のフルスイングから快音は響かず、「指名打者」のスタメン剥奪の危機さえあった。

 そんなモヤモヤを晴らした一発だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ほぼ「絶対君主」吉本興業・岡本昭彦社長のコワモテ評判

  2. 2

    大船渡・佐々木に“神風” V候補敗退しジャッジも援護射撃に

  3. 3

    “愛の巣”から消えた…二宮和也と伊藤綾子の破局説を検証

  4. 4

    「ルパンの娘」で“55歳美魔女”怪演 42歳小沢真珠の女優魂

  5. 5

    たとえ自分の議席を失ってもすでに山本太郎は勝っている

  6. 6

    改憲だけは阻止した参院選 与党過半数でも波乱の予兆<上>

  7. 7

    市場が警戒…参院選後の日本を超円高と株価暴落が襲う

  8. 8

    2019年参議院選挙で注目 美魔女候補11人の「明と暗」

  9. 9

    宮迫と亮に暗部暴かれ…吉本は“芸人クーデター”で瓦解寸前

  10. 10

    センバツV東邦や強豪校が地方大会序盤で相次ぎ消えた理由

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る