日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

バドでメダル期待 身長156cm奥原希望の「長身選手」対策

 バドミントンの女子シングルスで表彰台を期待されるのが奥原希望(20)だ。15年は両膝の故障から完全復活を果たし、年間上位8選手が出場する「スーパーシリーズ・ファイナル」(UAE・ドバイ)では、男子の桃田賢斗(21)とアベック優勝。日本勢初の快挙を成し遂げた。世界女王の称号を得て、16年はさらなる飛躍が期待される奥原を直撃した。

――15年の開幕前は頂点に立つことを想像できましたか?

「全くできませんでした。15年の出だしはトッププレーヤーとの差が分からなくて、対等な気持ちで試合に臨めずに怖さだけがありました。互角に戦っていても試合終盤で『ヤバイな』と思ってしまったり、リードしていても『追い上げてきそうだな』と勝手に相手を大きく見てしまっていたのです。今季の序盤は勝てなかったので自信はまるでありませんでした」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事