• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

東京五輪でメダル狙い バドミントン混合D強化の“皮算用”

「これまでミックスは勝てなかったが、今後は東京に向けて強化しないといけない」――。

 日本バドミントン協会の芝スミ子強化本部長が男女混合(ミックス)ダブルスの底上げを課題に挙げた。

 30日は今季の日本代表選手を発表。昨季のスーパーシリーズファイナルを制した女子ダブルスの高橋礼華(25)、松友美佐紀(23)ペアらが順当に名を連ねる中、数野健太(29)、栗原文音(25)ペアが混合ダブルスの代表に初めて選ばれた。

 このペアは海外実績は乏しいものの「今は彼らに頑張ってもらいたい」(芝強化本部長)と、来年のリオ五輪出場が期待されている。

 今年は代表選手にとってリオ五輪のキップがかかる重要なシーズンだ。

 国際試合でのランキングを基に代表が選出されるため、数野、栗原ペアは優先してスーパーシリーズなどの国際大会に出場させる方針だという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    崩れた圧勝皮算用 安倍3選という「終わりの始まり」<上>

  3. 3

    やはり妊娠?デキ婚でもビクともしない前田敦子の“規格外”

  4. 4

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  5. 5

    安倍3選で現実味を増す “日本版リーマン・ショック”の到来

  6. 6

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  7. 7

    シールで聴衆選別…「ヤメロ」コール徹底排除した安倍陣営

  8. 8

    美女とデート報道 田原俊彦は干されても腐らず再ブレーク

  9. 9

    恫喝して票集めるよりも 討論会用の替え玉を用意したら?

  10. 10

    「安倍3選」を市場は無視…日経平均5日続伸でも“カヤの外”

もっと見る