日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

桃田・奥原のリオ五輪メダル バド代表コーチが自信語る

 一躍、来夏リオ五輪のメダル候補に躍り出たのが、バドミントンの男女シングルスの若き王者2人だ。

 14日、年間上位8人で争うスーパーシリーズファイナル(UAE・ドバイ)のシングルスで日本人初の優勝を果たした男子の桃田賢斗(21)、女子の奥原希望(20)の2人が凱旋帰国。「今はリオで結果を残すことしか考えていません。納得のいく結果を残したい」と口を揃えた。

 1カ国3人(シングルス)が出場できる世界選手権とは異なり、今回の「ファイナル」は今季のスーパーシリーズ上位8選手のみがコートに立つことを許される。優勝賞金(1位約950万円)も出るだけに、各選手とも目の色を変えて臨んでくる。世界のトッププレーヤーを相手にしての今回のアベック優勝は十分に価値がある。

 今後は海外勢のマークが厳しくなり、これまで以上に研究されるのは必至。リオでメダルを手にするには、それをはね返さなければいけないが、日本代表の舛田圭太コーチはこう言った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事