桃田・奥原のリオ五輪メダル バド代表コーチが自信語る

公開日: 更新日:

 一躍、来夏リオ五輪のメダル候補に躍り出たのが、バドミントンの男女シングルスの若き王者2人だ。

 14日、年間上位8人で争うスーパーシリーズファイナル(UAE・ドバイ)のシングルスで日本人初の優勝を果たした男子の桃田賢斗(21)、女子の奥原希望(20)の2人が凱旋帰国。「今はリオで結果を残すことしか考えていません。納得のいく結果を残したい」と口を揃えた。

 1カ国3人(シングルス)が出場できる世界選手権とは異なり、今回の「ファイナル」は今季のスーパーシリーズ上位8選手のみがコートに立つことを許される。優勝賞金(1位約950万円)も出るだけに、各選手とも目の色を変えて臨んでくる。世界のトッププレーヤーを相手にしての今回のアベック優勝は十分に価値がある。

 今後は海外勢のマークが厳しくなり、これまで以上に研究されるのは必至。リオでメダルを手にするには、それをはね返さなければいけないが、日本代表の舛田圭太コーチはこう言った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  3. 3

    菅首相にバイデン“塩対応”…五輪は「開催努力」支持どまり

  4. 4

    松山は偉業達成も…ちょっと残念だった日本語優勝スピーチ

  5. 5

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  6. 6

    小池知事の無策が招くGW明け新規感染3800人の最悪シナリオ

  7. 7

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

  8. 8

    ダウンタウン浜田雅功がアラ還にして成功した"可愛い戦略"

  9. 9

    日米首脳会談“台湾問題”中国激怒で打撃を受けかねない14社

  10. 10

    石原さとみ「恋ぷに」推測合戦に…すぐ離脱はもったいない

もっと見る