• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

賭博解雇も懲りず…元巨人福田は都内パチンコ店に出入り

 今年、プロ野球界を大きく揺るがせた巨人選手による野球賭博問題。関わった福田聡志(32)、笠原将生(24)、松本竜也(22)の3投手は球団を解雇され、NPBから無期失格処分を受けた。

 このうち、笠原は草野球チームに所属して再起を目指し、松本は香川県の実家に戻って“自主謹慎生活”を送っている。

 問題は、真っ先に関与が明らかになり、騒動のきっかけをつくった福田だ。巨人とNPBからの処分後も、都内のパチンコ店で度々その姿が目撃されているのである。

「選手の耳にも入っていて、みな呆れています。もともと、公営ギャンブルはもちろん麻雀、トランプ、裏カジノ……と賭け事が大好きで、チーム内では『中毒』と言われていた。ある選手が本人から聞いたところによれば『今後は複数の支援者のバックアップを受けて、飲食業などに乗り出す』というようなことを神妙に語っていたそうなんですが、こんな様子じゃどうなることやら。あれだけの問題を起こしてなおもパチンコ店に出入りしているんだから、もう『不治の病』でしょう」(チーム関係者)

 夫人と3人の子供を抱える福田は、巨人から契約解除を通達された際、「自分の甘さを後悔している。家族に対して申し訳ない。今は子供の相手をしている時だけが気が安らぐ」と涙ぐみながら話したというが、ビョーキを治さないことには再起の道も見えない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権また後手後手 西日本豪雨の補正予算が置き去りに

  2. 2

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  3. 3

    日大アメフト部新監督 立命大OB内定に選手らは拒否反応

  4. 4

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  5. 5

    政財界とも結びつき深く…故・浅利慶太さんの「功と罪」

  6. 6

    傲慢でぶれない自民党と公明党 国民のことは考えていない

  7. 7

    サンドウィッチマン富澤 2007年M-1優勝の瞬間を振り返る

  8. 8

    生田悦子さん 最期の言葉は「サンドイッチ買ってきて」

  9. 9

    ドラマ引っ張りだこ 「高嶺の花」でも話題の峯田和伸って

  10. 10

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

もっと見る