賭博解雇も懲りず…元巨人福田は都内パチンコ店に出入り

公開日: 更新日:

 今年、プロ野球界を大きく揺るがせた巨人選手による野球賭博問題。関わった福田聡志(32)、笠原将生(24)、松本竜也(22)の3投手は球団を解雇され、NPBから無期失格処分を受けた。

 このうち、笠原は草野球チームに所属して再起を目指し、松本は香川県の実家に戻って“自主謹慎生活”を送っている。

 問題は、真っ先に関与が明らかになり、騒動のきっかけをつくった福田だ。巨人とNPBからの処分後も、都内のパチンコ店で度々その姿が目撃されているのである。

「選手の耳にも入っていて、みな呆れています。もともと、公営ギャンブルはもちろん麻雀、トランプ、裏カジノ……と賭け事が大好きで、チーム内では『中毒』と言われていた。ある選手が本人から聞いたところによれば『今後は複数の支援者のバックアップを受けて、飲食業などに乗り出す』というようなことを神妙に語っていたそうなんですが、こんな様子じゃどうなることやら。あれだけの問題を起こしてなおもパチンコ店に出入りしているんだから、もう『不治の病』でしょう」(チーム関係者)

 夫人と3人の子供を抱える福田は、巨人から契約解除を通達された際、「自分の甘さを後悔している。家族に対して申し訳ない。今は子供の相手をしている時だけが気が安らぐ」と涙ぐみながら話したというが、ビョーキを治さないことには再起の道も見えない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  2. 2

    危機感が足りない?新型コロナ蔓延でも芸能人は遊びまわる

  3. 3

    杏が東出昌大と離婚決意…情報は関係者リークの“お墨付き”

  4. 4

    歌舞伎町ラブホテル街で賃貸経営が成功したもっともな理由

  5. 5

    安倍政権またもケチケチ「1世帯30万円給付」は8割が対象外

  6. 6

    外国メディアの引用でしか政府批判ができない日本の報道

  7. 7

    二宮夫人を悩ます 嵐の“活動休止延長”と羽田新飛行ルート

  8. 8

    コロナ患者激白「喉に金串が刺さったような耐え難い痛み」

  9. 9

    東出昌大“緊急生謝罪”の裏に…長澤まさみの「重い一言」

  10. 10

    「コロナ感染ウソ」で露呈 JYJジェジュンの非常識と幼稚さ

もっと見る