賭博解雇も懲りず…元巨人福田は都内パチンコ店に出入り

公開日: 更新日:

 今年、プロ野球界を大きく揺るがせた巨人選手による野球賭博問題。関わった福田聡志(32)、笠原将生(24)、松本竜也(22)の3投手は球団を解雇され、NPBから無期失格処分を受けた。

 このうち、笠原は草野球チームに所属して再起を目指し、松本は香川県の実家に戻って“自主謹慎生活”を送っている。

 問題は、真っ先に関与が明らかになり、騒動のきっかけをつくった福田だ。巨人とNPBからの処分後も、都内のパチンコ店で度々その姿が目撃されているのである。

「選手の耳にも入っていて、みな呆れています。もともと、公営ギャンブルはもちろん麻雀、トランプ、裏カジノ……と賭け事が大好きで、チーム内では『中毒』と言われていた。ある選手が本人から聞いたところによれば『今後は複数の支援者のバックアップを受けて、飲食業などに乗り出す』というようなことを神妙に語っていたそうなんですが、こんな様子じゃどうなることやら。あれだけの問題を起こしてなおもパチンコ店に出入りしているんだから、もう『不治の病』でしょう」(チーム関係者)

 夫人と3人の子供を抱える福田は、巨人から契約解除を通達された際、「自分の甘さを後悔している。家族に対して申し訳ない。今は子供の相手をしている時だけが気が安らぐ」と涙ぐみながら話したというが、ビョーキを治さないことには再起の道も見えない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    GACKT告白 浜田だけじゃない芸能界パワハラ&セクハラの闇

  2. 2

    自民・田畑毅氏離党か…永田町で飛び交う“女性醜聞”の中身

  3. 3

    また怪統計か 2018年「貯蓄ゼロ世帯」大幅改善のカラクリ

  4. 4

    安倍政権にGDPカサ上げ疑惑 600兆円達成へ統計38件イジる

  5. 5

    トランプに平和賞?推薦した安倍首相に問われる“見識”<上>

  6. 6

    ローン嫌いは意外に多い 現金主義のメリットと得するコツ

  7. 7

    3月の侍J入りも辞退 巨人に“丸効果”ジワリで指揮官も賛辞

  8. 8

    銀行口座は3つを使い分け 7年で1000万円貯めた主婦の凄腕

  9. 9

    日産の“暴君”と対決した元広報マンはゴーン事件をどう見る

  10. 10

    常盤貴子「グッドワイフ」も評判 “ネオ美熟女”はなぜ人気

もっと見る