賭博問題でも“蜜月” 巨人とNPBが野球人気凋落に拍車かける

公開日:  更新日:

 巨人とNPB(日本野球機構)のズブズブの関係については、いまさらだ。

 昨年1月、熊崎コミッショナーが就任したときは「読売人事」といわれたし、12年に原監督の甥の菅野智之がドラフト1位で巨人入りした裏にはこんな話があった。日本ハムOBがこう言った。

「日本ハムが前年のドラフト1位で東海大の菅野智之を指名しながら、3月で交渉権は消滅。その際、野球協約新人選手選択会議規約12条(再選択)の解釈をもとに、今年のドラフトでも指名可能だと公言した。するとドラフト直前になって日本ハムはコミッショナーサイドから『再指名は不可能だし、そのことを弁護士の解釈付きで公表するつもりだ』と迫られたと聞いています」

 コミッショナーは結果として、菅野の巨人入りをアシストしたことになる。今回の野球賭博問題もしかり。NPBが巨人の3選手に下した無期失格という処分はともかく、露骨なのは球団への対応だ。公表された「調査結果報告書」の中の「3選手などの供述及び読売巨人軍の対応」の部分でしきりに、巨人の対応を「迅速に調査を行った上で告発し、その後も、膨大な復元メールのデータ整理など、調査委員会の調査に積極的に協力しており……」と持ち上げている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  2. 2

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  3. 3

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  4. 4

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  5. 5

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  6. 6

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  7. 7

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  8. 8

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  9. 9

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  10. 10

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

もっと見る