賭博問題でも“蜜月” 巨人とNPBが野球人気凋落に拍車かける

公開日:  更新日:

 巨人とNPB(日本野球機構)のズブズブの関係については、いまさらだ。

 昨年1月、熊崎コミッショナーが就任したときは「読売人事」といわれたし、12年に原監督の甥の菅野智之がドラフト1位で巨人入りした裏にはこんな話があった。日本ハムOBがこう言った。

「日本ハムが前年のドラフト1位で東海大の菅野智之を指名しながら、3月で交渉権は消滅。その際、野球協約新人選手選択会議規約12条(再選択)の解釈をもとに、今年のドラフトでも指名可能だと公言した。するとドラフト直前になって日本ハムはコミッショナーサイドから『再指名は不可能だし、そのことを弁護士の解釈付きで公表するつもりだ』と迫られたと聞いています」

 コミッショナーは結果として、菅野の巨人入りをアシストしたことになる。今回の野球賭博問題もしかり。NPBが巨人の3選手に下した無期失格という処分はともかく、露骨なのは球団への対応だ。公表された「調査結果報告書」の中の「3選手などの供述及び読売巨人軍の対応」の部分でしきりに、巨人の対応を「迅速に調査を行った上で告発し、その後も、膨大な復元メールのデータ整理など、調査委員会の調査に積極的に協力しており……」と持ち上げている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    偽装離婚で資産隠し 羽賀研二を“金の亡者”に変えた原点

  2. 2

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  3. 3

    「給料は我慢したのに」と戦力外通告の選手に言われて…

  4. 4

    毎勤不正「組織的関与なし」幕引き図る監察委のデタラメ

  5. 5

    次女コウキのデビュー遠因か…父・木村拓哉が漏らした本音

  6. 6

    日テレ料理番組終了で…速水もこみち“レギュラーゼロ”危機

  7. 7

    憲法改正国民投票CMに待った「通販生活」意見広告の趣旨は

  8. 8

    ハゲタカ勢も虎視眈々 日産vsルノーついに始まる株争奪戦

  9. 9

    「笑点」歴代司会者で一番やりづらかったのは前田武彦さん

  10. 10

    愛娘の元彼・羽賀を“希代のワル”と見抜いた梅宮辰夫の慧眼

もっと見る