• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

賭博問題でも“蜜月” 巨人とNPBが野球人気凋落に拍車かける

 巨人とNPB(日本野球機構)のズブズブの関係については、いまさらだ。

 昨年1月、熊崎コミッショナーが就任したときは「読売人事」といわれたし、12年に原監督の甥の菅野智之がドラフト1位で巨人入りした裏にはこんな話があった。日本ハムOBがこう言った。

「日本ハムが前年のドラフト1位で東海大の菅野智之を指名しながら、3月で交渉権は消滅。その際、野球協約新人選手選択会議規約12条(再選択)の解釈をもとに、今年のドラフトでも指名可能だと公言した。するとドラフト直前になって日本ハムはコミッショナーサイドから『再指名は不可能だし、そのことを弁護士の解釈付きで公表するつもりだ』と迫られたと聞いています」

 コミッショナーは結果として、菅野の巨人入りをアシストしたことになる。今回の野球賭博問題もしかり。NPBが巨人の3選手に下した無期失格という処分はともかく、露骨なのは球団への対応だ。公表された「調査結果報告書」の中の「3選手などの供述及び読売巨人軍の対応」の部分でしきりに、巨人の対応を「迅速に調査を行った上で告発し、その後も、膨大な復元メールのデータ整理など、調査委員会の調査に積極的に協力しており……」と持ち上げている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    投票の“証拠写メ”強制…沖縄知事選で自公が異常な締めつけ

  2. 2

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  3. 3

    浮沈はサーシャに…大坂なおみ“女王君臨”への落とし穴

  4. 4

    杉田水脈議員“擁護論”の怪 「論として成立」していない

  5. 5

    貿易戦争 中国の切り札「米国債売却」で日本にシワ寄せ

  6. 6

    テニス協会が大坂なおみへ 全米V報奨金800万円は妥当か

  7. 7

    大坂なおみに完敗 女王セリーナが全米決勝で逆上した真相

  8. 8

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  9. 9

    もう不毛な忖度は不要に プロOBの野球評論に新たな道が

  10. 10

    強がっても負け惜しみ 安倍政権レームダック化の急加速

もっと見る