違法バカラの笠原に大甘処分も 賭け横行の巨人に“隠蔽体質”

公開日: 更新日:

 ついに警察も腰を上げた。

 野球賭博に関わっていた巨人の福田聡志投手(32)、笠原将生投手(24)、松本竜也投手(22)の3選手が警視庁組織犯罪対策4課から任意で事情聴取されていたことが10日までに明らかになった。今後、警視庁は3人に賭けを勧めたとされる人物や他の関係者からも事情を聴いて賭博罪での立件を視野に捜査を進める方針。暴力団関係者との交遊の有無なども調べるとみられる。

 巨人は9日、福田、笠原、松本の3選手の契約を解除する方針を決め、同時に原沢敦球団代表(59)の引責辞任も発表。プロ野球の熊崎勝彦コミッショナーも10日、日本野球機構(NPB)の調査委員会(委員長=大鶴基成弁護士)からの処分案を受け、巨人の3選手を無期失格処分にし、球団に制裁金1000万円を科す裁定を下したが、一連の野球賭博問題はこれで幕引きどころか、さらに拡大する可能性もある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    松本潤主演「99.9」ヒロインが黒木華ではなく杉咲花のワケ

  2. 2

    資産家は極力お金を使わない 身に付けている節約習慣とは

  3. 3

    櫻井翔×広瀬すず「ネメシス」大苦戦 なぜつまらないのか

  4. 4

    近藤真彦の非常識発言で明確に…ジャニーズ事務所の課題

  5. 5

    小池都知事が大誤算…「東京五輪中止」ブチ上げの効果消失

  6. 6

    三田寛子が不倫を繰り返す夫・中村芝翫と離婚しない理由

  7. 7

    視聴率は絶好調「ドラゴン桜」が映さない東大卒の“現実”

  8. 8

    「ドラゴン桜2」若手は粒ぞろい “第2の長澤まさみ”が現れるか

  9. 9

    オリラジ藤森慎吾 “司会1時間1000万円”オファー断った嗅覚

  10. 10

    五輪選手らを選手村と会場に“閉じ込める”政府案の浅はかさ

もっと見る