違法バカラの笠原に大甘処分も 賭け横行の巨人に“隠蔽体質”

公開日:  更新日:

 ついに警察も腰を上げた。

 野球賭博に関わっていた巨人の福田聡志投手(32)、笠原将生投手(24)、松本竜也投手(22)の3選手が警視庁組織犯罪対策4課から任意で事情聴取されていたことが10日までに明らかになった。今後、警視庁は3人に賭けを勧めたとされる人物や他の関係者からも事情を聴いて賭博罪での立件を視野に捜査を進める方針。暴力団関係者との交遊の有無なども調べるとみられる。

 巨人は9日、福田、笠原、松本の3選手の契約を解除する方針を決め、同時に原沢敦球団代表(59)の引責辞任も発表。プロ野球の熊崎勝彦コミッショナーも10日、日本野球機構(NPB)の調査委員会(委員長=大鶴基成弁護士)からの処分案を受け、巨人の3選手を無期失格処分にし、球団に制裁金1000万円を科す裁定を下したが、一連の野球賭博問題はこれで幕引きどころか、さらに拡大する可能性もある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    安倍首相は「年金資産」を北方領土とバーターする気だった

  3. 3

    大谷のア新人王を非難 東地区2球団の投手陣が右肘を狙う

  4. 4

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  5. 5

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

  6. 6

    大みそかToshlとYOSHIKI“バラ売り” 「X JAPAN」どうなる?

  7. 7

    ソフトBが“相場破壊” 浅村に大魔神&松井超えの札束用意か

  8. 8

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  9. 9

    日産ゴーン逮捕の裏側と今後 衝撃はこれからが本番だ<上>

  10. 10

    大人も答えられない「正しいあいさつ」を小2に押しつけ

もっと見る