日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

マーリンズ入りのチェン 球団史上「最高額契約」の中身は

 イチローが所属するマーリンズへの入団が決まった元中日の台湾人左腕の契約の詳細が明らかになった。

 チェン・ウェイン(30=前オリオールズ)は5年8000万ドル(約94億円)で契約。投手としては球団史上最高額だそうだが、契約の内容もチェンに極めて有利だ。

 2年目のシーズン終了後に本人が希望すれば、契約を破棄してFAになる条項が盛り込まれている。17年はまだ32歳と、今後2年間の投球次第ではさらなる大型契約を勝ち取れるだけに、やり手代理人として知られるスコット・ボラス氏が「FA条項」を盛り込んだとみられる。

 投球回数によって6年目の契約が保証され、20年に180イニングか、19年と20年合わせて360イニングをクリアすれば、自動的に契約更新となる。

 もっとも、トレード拒否条項は含まれていないため、主力でも容赦なく放出するチームから、今季中に移籍する可能性もある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事