日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

課題山積のマエケンに投球内容次第で「中継ぎ降格」の声

 昨季ナ・リーグ西地区3連覇を果たしたドジャースに入団した前広島の前田健太(27)。11日の会見では「向こうに行って結果を残すことだけを考えている」と力強く話したが、はたしてどれくらいの「成績」を残せるのか。

 まず、前田の前に立ちはだかるのは、同地区の強力打線だ。昨季、リーグナンバーワンのチーム打率を残したジャイアンツ(2割6分7厘)を筆頭に、ロッキーズ(2割6分5厘)、ダイヤモンドバックス(2割6分4厘)と上位3位までを西地区の球団が占めた。

 186本塁打のロッキーズ(リーグ2位)や154本のダイヤモンドバックス(7位)は一発もある。

 総得点にしてもロッキーズ(737=1位)以下、ダイヤモンドバックス(720=2位)、ジャイアンツ(696=5位)らが上位に名を連ねた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事