箱根駅伝完全Vの青学・原晋監督 祝賀会で“トークバトル”

公開日:  更新日:

「箱根駅伝」で青山学院大駅伝部が、1区から最終10区まで1度もトップの座を譲らず、77年の日体大以来の完全優勝を成し遂げた。6日に「青トレ 青学駅伝チームのコアトレーニング&ストレッチ」の版元・徳間書店主催の優勝祝賀会が開かれ、原晋監督、フィジカル強化担当の中野ジェームズ修一氏、スポーツジャーナリストの二宮清純氏、「島耕作」シリーズの生みの親で駅伝ファンの漫画家・弘兼憲史氏が思う存分に語り合った。

 まずは箱根の5区・山上りで区間2位の神野について二宮氏が「彼の調子は良くなかったと思いました」と口火を切った。

「1年目の箱根駅伝で優勝してからの12カ月、半分は故障でした(15年10月の出雲駅伝欠場)。しかし、中野さんにもお世話になり、箱根駅伝の時点での《神野の持てる力》を十二分に出し切ってくれました」


 続けて二宮氏が「どの区間で優勝の手ごたえを感じましたか?」と尋ねると「6区の山下りを1年の小野田が区間2位で走り終えた時に確信しました」と続けて原監督。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    水道民営化のウラに…麻生財務相“身内に利益誘導”の怪情報

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  4. 4

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  5. 5

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  6. 6

    酒グセも告白…キャラ変で復活の夏菜によぎる朝ドラの悪夢

  7. 7

    革新機構社長ブチ切れ会見…経産省「朝礼暮改」の実態暴露

  8. 8

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  9. 9

    長澤まさみが表紙V15 「東宝カレンダー」泣き笑いの面々

  10. 10

    狙いはマクロン降ろしか 黄色いベスト運動にトランプの影

もっと見る