箱根駅伝完全Vの青学・原晋監督 祝賀会で“トークバトル”

公開日: 更新日:

「箱根駅伝」で青山学院大駅伝部が、1区から最終10区まで1度もトップの座を譲らず、77年の日体大以来の完全優勝を成し遂げた。6日に「青トレ 青学駅伝チームのコアトレーニング&ストレッチ」の版元・徳間書店主催の優勝祝賀会が開かれ、原晋監督、フィジカル強化担当の中野ジェームズ修一氏、スポーツジャーナリストの二宮清純氏、「島耕作」シリーズの生みの親で駅伝ファンの漫画家・弘兼憲史氏が思う存分に語り合った。

 まずは箱根の5区・山上りで区間2位の神野について二宮氏が「彼の調子は良くなかったと思いました」と口火を切った。

「1年目の箱根駅伝で優勝してからの12カ月、半分は故障でした(15年10月の出雲駅伝欠場)。しかし、中野さんにもお世話になり、箱根駅伝の時点での《神野の持てる力》を十二分に出し切ってくれました」


 続けて二宮氏が「どの区間で優勝の手ごたえを感じましたか?」と尋ねると「6区の山下りを1年の小野田が区間2位で走り終えた時に確信しました」と続けて原監督。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “安倍1強”に早くも暗雲 参院選の「前哨戦」で自民敗北危機

  2. 2

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  3. 3

    エリカ様は張り込み班に「なに撮ってんだよばかやろう!」

  4. 4

    伝説の麻薬Gメンが指摘 ピエール瀧コカイン常習の“証拠”

  5. 5

    不倫訴訟報道の後藤真希…ブログの私生活も虚像だったのか

  6. 6

    世界1位奪取にルノー日産が画策?自動車業界大再編の予兆

  7. 7

    京都に“愛の新居”報道…それでも鈴木京香が結婚しない理由

  8. 8

    現実から目を背けるために過去を「いじくり廻してゐる」

  9. 9

    記者に華奢な手を差し出し…葉月里緒奈に感じた“魔性の女”

  10. 10

    ロシア紙さえも“詭弁”と評したプーチン大統領の特異解釈

もっと見る