• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

世陸マラソン代表今井正人が語る「箱根駅伝」と「長期低迷」

 先月の東京マラソンで日本人トップの2時間7分39秒という好記録をマークした今井正人(30=トヨタ自動車九州)。日本人選手の7分台は実に3年ぶりで、8月の世界陸上(北京)の日本代表にも選ばれた。

 順大時代は箱根駅伝5区の“山登り”で大活躍。「山の神」と呼ばれた。実業団入り後は長期間低迷。その理由や世界を狙う意気込みを聞いた。

――箱根駅伝での活躍後、07年に鳴り物入りで実業団入り。ところが、そこから長期間低迷した原因は何ですか。

「いろいろとありますが、一言で言うなら自分のマラソン選手としての土台ができていなかったということです。自分の頭の中では『やれる』という気持ちがあっても、それを実行する体の土台が小さかったというか、グラグラしていました。それで大学卒業後から最初の2年は故障を恐れ、練習も『これぐらいでいいか』と石橋を叩いて渡る感じで。そんな練習を続けたおかげで体の土台が徐々に強くなった。その積み重ねにより、ようやく今、結果として表れるようになったんだと思います。本当は長期低迷とかではなく、少しずつ力をつけていたというか。だから、先月の東京マラソンでポンと2時間7分台が出たわけではないのです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  3. 3

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  4. 4

    崩れた圧勝皮算用 安倍3選という「終わりの始まり」<上>

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    吉澤ひとみの逮捕で…「元モー娘。」相次ぐ謝罪の違和感

  7. 7

    安倍首相が総裁選で獲得 地方票「55%」の怪しいカラクリ

  8. 8

    内部留保が過去最高446兆円 貯め込んでいる大企業はココだ

  9. 9

    今季でクビの選手が続出? 阪神“不良債権”11億円の中身

  10. 10

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

もっと見る