世陸マラソン代表今井正人が語る「箱根駅伝」と「長期低迷」

公開日:  更新日:

 先月の東京マラソンで日本人トップの2時間7分39秒という好記録をマークした今井正人(30=トヨタ自動車九州)。日本人選手の7分台は実に3年ぶりで、8月の世界陸上(北京)の日本代表にも選ばれた。

 順大時代は箱根駅伝5区の“山登り”で大活躍。「山の神」と呼ばれた。実業団入り後は長期間低迷。その理由や世界を狙う意気込みを聞いた。

――箱根駅伝での活躍後、07年に鳴り物入りで実業団入り。ところが、そこから長期間低迷した原因は何ですか。

「いろいろとありますが、一言で言うなら自分のマラソン選手としての土台ができていなかったということです。自分の頭の中では『やれる』という気持ちがあっても、それを実行する体の土台が小さかったというか、グラグラしていました。それで大学卒業後から最初の2年は故障を恐れ、練習も『これぐらいでいいか』と石橋を叩いて渡る感じで。そんな練習を続けたおかげで体の土台が徐々に強くなった。その積み重ねにより、ようやく今、結果として表れるようになったんだと思います。本当は長期低迷とかではなく、少しずつ力をつけていたというか。だから、先月の東京マラソンでポンと2時間7分台が出たわけではないのです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  3. 3

    森友問題のキーマン 体調不良を理由に「出廷拒否」の仰天

  4. 4

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  5. 5

    ホクロ除去した宮沢りえ 本当の目的は森田剛との“妊活”か

  6. 6

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  7. 7

    カラオケ番組で「素人」得点…武田鉄矢が画面から消えた?

  8. 8

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  9. 9

    村上春樹は75年卒…人気作家はなぜ「早大」出身が多いのか

  10. 10

    音痴で恥ずかしい…カラオケ下手が目立たない曲の選び方

もっと見る