日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

MLBとは正反対 五輪V3へ米男子バスケが“ドリームチーム”

 相変わらず豪華メンバーである。

 米国バスケットボール協会は18日(日本時間19日)、今年8月のリオ五輪に出場する男子代表候補選手30人を発表。昨季のMVPステファン・カリー(27=ウォリアーズ)、08年の得点王レブロン・ジェームズ(31=キャバリアーズ)らNBAを代表するスター選手が名を連ねた。リオでの3連覇を目指す米国は7月までに代表メンバー12人を選考し、ラスベガスでの合宿、練習試合を行い、万全の状態で大会に臨む。

 米国の4大プロスポーツのうちNBAとアイスホッケーのNHLがオールプロでメンバーを固めるドリームチームを編成して五輪に出場。非五輪競技であるアメリカン・フットボールのNFLは24年大会の開催(カリフォルニア州ロサンゼルス)が決まれば、追加種目として提案し、トッププロを出場させる方針だ。各団体とも競技やリーグを世界的に普及させ、ビジネスにつなげたい思惑があるとはいえ、依然として五輪に非協力的な姿勢を崩さないのが野球のMLBだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事