MLBとは正反対 五輪V3へ米男子バスケが“ドリームチーム”

公開日: 更新日:

 相変わらず豪華メンバーである。

 米国バスケットボール協会は18日(日本時間19日)、今年8月のリオ五輪に出場する男子代表候補選手30人を発表。昨季のMVPステファン・カリー(27=ウォリアーズ)、08年の得点王レブロン・ジェームズ(31=キャバリアーズ)らNBAを代表するスター選手が名を連ねた。リオでの3連覇を目指す米国は7月までに代表メンバー12人を選考し、ラスベガスでの合宿、練習試合を行い、万全の状態で大会に臨む。

 米国の4大プロスポーツのうちNBAとアイスホッケーのNHLがオールプロでメンバーを固めるドリームチームを編成して五輪に出場。非五輪競技であるアメリカン・フットボールのNFLは24年大会の開催(カリフォルニア州ロサンゼルス)が決まれば、追加種目として提案し、トッププロを出場させる方針だ。各団体とも競技やリーグを世界的に普及させ、ビジネスにつなげたい思惑があるとはいえ、依然として五輪に非協力的な姿勢を崩さないのが野球のMLBだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  2. 2

    指導者に興味なしイチローにオリックス「オーナー」就任案

  3. 3

    大阪W選は自民リード…松井一郎氏“落選危機”で維新真っ青

  4. 4

    不倫訴訟報道の後藤真希…ブログの私生活も虚像だったのか

  5. 5

    「めちゃイケ」終了1年…雛形あきこと鈴木紗理奈の現在地

  6. 6

    JOC後任会長の最有力 山下泰裕氏の評判と“先祖返り”懸念

  7. 7

    白髪イチローの衰えた姿に身震いするような色気を感じる

  8. 8

    下方修正なのに…月例経済報告「緩やかに景気回復」の大嘘

  9. 9

    “安倍1強”に早くも暗雲 参院選の「前哨戦」で自民敗北危機

  10. 10

    安倍政権がシッポ切り JOC竹田会長を待つ仏当局の本格捜査

もっと見る