錦織のメダルに影響も リオ五輪テニス会場に建設遅れ発覚

公開日: 更新日:

 今年8月の開幕まで200日に迫ったリオ五輪。各国、各競技とも出場選手が続々と決まりつつあるが、肝心のリオ五輪組織委員会の運営能力に不安は尽きない。

 これまで再三、指摘されてきた競技会場の建設の遅れが、またひとつ明らかになった。テニス会場である「オリンピック・テニスセンター」の工事が遅れているため、管轄するリオデジャネイロ市が建設会社との契約を破棄したという。複数の現地メディアが14日(日本時間15日)に伝えている。

 報道によれば、テニス会場の工費は当初予定の1億7500万レアル(約54億2500万円)から2億レアル (約62億円)と大幅に予算をオーバーした。昨年10月にはメーン会場となるセンターコートが完成。すでに工事は9割程度完了しているそうだが、市当局は現時点で完成の見通しすら明らかにしていないという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ジャニーズ退所を加速させた「演出家・錦織一清」の名声

  2. 2

    組閣から10日 身体検査できず新大臣3人にスキャンダル噴出

  3. 3

    「ふざけんなよ」と思いながら渋々従ったボビー監督の指令

  4. 4

    巨人V2でも嵐のオフ リストラ人員増、FA獲得に40億円捻出

  5. 5

    原監督はG史上最多の1067勝 なぜ他からオファーがない?

  6. 6

    和田アキ子が冠番組で大ポカ…晩節汚し石田純一の二の舞に

  7. 7

    山口達也逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

  8. 8

    入れ墨は50歳になってからがいい?全身タトゥーで美を追求

  9. 9

    わずらわしさからFA宣言…他球団からはトレードの打診も

  10. 10

    菅野と涌井にも異変 コロナで試合減も投手の肘は崩壊寸前

もっと見る