錦織のメダルに影響も リオ五輪テニス会場に建設遅れ発覚

公開日:  更新日:

 今年8月の開幕まで200日に迫ったリオ五輪。各国、各競技とも出場選手が続々と決まりつつあるが、肝心のリオ五輪組織委員会の運営能力に不安は尽きない。

 これまで再三、指摘されてきた競技会場の建設の遅れが、またひとつ明らかになった。テニス会場である「オリンピック・テニスセンター」の工事が遅れているため、管轄するリオデジャネイロ市が建設会社との契約を破棄したという。複数の現地メディアが14日(日本時間15日)に伝えている。

 報道によれば、テニス会場の工費は当初予定の1億7500万レアル(約54億2500万円)から2億レアル (約62億円)と大幅に予算をオーバーした。昨年10月にはメーン会場となるセンターコートが完成。すでに工事は9割程度完了しているそうだが、市当局は現時点で完成の見通しすら明らかにしていないという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  2. 2

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  3. 3

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  4. 4

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  5. 5

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  6. 6

    清原の二の舞か…“Vの使者”丸を待つ巨人移籍1年目の大重圧

  7. 7

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  8. 8

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

  9. 9

    ソフトバンクを襲った“3重苦” 上場延期説が市場を駆け巡る

  10. 10

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

もっと見る