いまだ課題山積のリオ五輪 土壇場で開催返上の大ピンチ

公開日: 更新日:

 かねて開催が危ぶまれていたリオ五輪(8月5日開幕)が、いよいよ中止に追い込まれるかもしれない。

 陸上競技の会場である「エスタジオ・オリンピコ・ジョアン・アベランジェ」で競技が実施できない可能性が浮上したからだ。複数のブラジルメディアが4日に伝えている。

 報道によると、同競技場は普段、プロサッカーチーム「ボタフォゴFR」が本拠地として使用。所有するリオ市との契約では同クラブが光熱費などを支払うことになっているが、電気、水道とも2カ月分の100万レアル (約2900万円)が未払いの状態だという。

 このまま未払いが続けば、ライフラインを止められるのは時間の問題。現地では使用中止を免れるため、リオ五輪組織委員会による未払いの光熱費の建て替えが検討されているものの、開催費用をつぎ込むことに反対意見も根強い。現時点では5月に予定される陸上競技のテストイベント開催も危うい状況だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    紗栄子は魔性の女…17歳アーティストYOSHIを骨抜きにした

  2. 2

    NHK「おちょやん」が不人気 話題にもならないのはなぜか

  3. 3

    三田寛子が不倫を繰り返す夫・中村芝翫と離婚しない理由

  4. 4

    明日海りお「おちょやん」で再出演はナシ…宝塚ファン悲鳴

  5. 5

    五輪開会式までに「国内コロナ死者累計2万人」の驚愕試算

  6. 6

    「おかえりモネ」清原果耶にかかる重圧…前作大苦戦の連鎖

  7. 7

    「ドラゴン桜2」若手は粒ぞろい “第2の長澤まさみ”が現れるか

  8. 8

    インド変異株拡大へ秒読み…連絡つかない入国者は1日300人

  9. 9

    小室ママ雲隠れ…眞子さま"代理解決"を急ぐ秋篠宮家の事情

  10. 10

    インドで新たな変異株が!初期変異株より感染力15倍の衝撃

もっと見る