• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
松崎菊也
著者のコラム一覧
松崎菊也戯作者

53年3月9日、大分県別府市生まれ。日大芸術学部放送学科卒業後は宇野重吉らが率いる「劇団民藝」に所属。その後はコントグループ「キモサベ社中」「キャラバン」を経て、88年にコントグループ「ニュースペーパー」を結成。リーダー兼脚本家として活躍した。98、99年にはTBSラジオ「松崎菊也のいかがなものか!」でパーソナリティーを務めた。現在も風刺エッセイや一人芝居を中心に活躍中。

ランボルギーニ中田に「万年筆」をねだる大谷の心境とは

投稿日:  更新日:

 日本ハムファイターズの中田翔が、その年の目標を達成した若手選手に「中田賞」というのを振る舞っているらしい。「中田翔の中田賞」。外見とは裏腹に、こまやかで心優しいやつと見た。

 チームリーダーとして今オフ、代打起用が多かった杉谷に奮起を促す意味で、「来シーズン、レギュラーポジション取ったらフェラーリ買うたる」と言い放った。杉谷いわく「ボク車の運転が苦手なのを知ってるからジョークで言ったんでしょう。あとでフェラーリじゃなくてマンションじゃダメですか? と言ったら、アホかと一蹴されました」。

 さて、大谷翔平も今年は中田に申告した最低でも15勝という目標をクリアした。稼いだ金は存分に使い、ランボルギーニをブイブイ言わせる親分に、大谷翔平は「万年筆をください」とお願いしたそうだ。

「日記やメモを書く習慣がある。ちゃんとしたモノを持てば、もっと書く気になると思って」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  6. 6

    ラミ監督は窮地…DeNA“横浜回帰”で浮上する次期監督の名前

  7. 7

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  8. 8

    投票の“証拠写メ”強制…沖縄知事選で自公が異常な締めつけ

  9. 9

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  10. 10

    浮沈はサーシャに…大坂なおみ“女王君臨”への落とし穴

もっと見る