松崎菊也
著者のコラム一覧
松崎菊也戯作者

53年3月9日、大分県別府市生まれ。日大芸術学部放送学科卒業後は宇野重吉らが率いる「劇団民藝」に所属。その後はコントグループ「キモサベ社中」「キャラバン」を経て、88年にコントグループ「ニュースペーパー」を結成。リーダー兼脚本家として活躍した。98、99年にはTBSラジオ「松崎菊也のいかがなものか!」でパーソナリティーを務めた。現在も風刺エッセイや一人芝居を中心に活躍中。

中継した日テレアナの無礼千万 箱根駅伝に「ゴローマル」は走ってねえぞ

公開日:  更新日:

 箱根駅伝を2日にわたって10時間、じっと見るほど腰が据わらず。実際はCMが半分を占めたから、とびとびに見て5時間。ああでもないこうでもないと茶々入れた暇な正月。監督まで悲壮感漂わせる東洋大も駒沢大も、「ハッピー作戦」とやらで笑顔の際立つ青山学院大学にぶっちぎられた。

 箱根にはハッピーな笑顔よりも、悲壮感と根性が似合うと勘違いしている実況は相変わらずだった。東洋大学5区山登りに抜擢された五郎谷俊選手のプライバシーをここぞとばかりに謳い上げた。

「昨年3月、お父さんが大動脈瘤破裂で突然亡くなりました。51歳の若さでした」

 き、気の毒なことを!

「毎日の自動車整備で油にまみれていたお父さん。自転車のパンクを修理してくれたお父さん!」

 う、涙腺が緩むぞ!

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権に財界ソッポ 目玉の「原発輸出」日立凍結で全滅

  2. 2

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  3. 3

    嫌われクロちゃんが一転…キャバ嬢に大人気の意外な理由

  4. 4

    「今日俺」人気を陰で支えた“カメレオン俳優”太賀の底力

  5. 5

    嶋大輔が復活!「今日俺」でのリバイバルに本人びっくり

  6. 6

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  7. 7

    北島三郎復帰に“禁じ手” 平成最後のNHK紅白は無法地帯に

  8. 8

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  9. 9

    和田アキ子の大晦日が“空白” NHK紅白サプライズ出演あるか

  10. 10

    NHK紅白なのに“特別枠”ばかり 平成最後はご都合主義の極み

もっと見る