松崎菊也
著者のコラム一覧
松崎菊也戯作者

53年3月9日、大分県別府市生まれ。日大芸術学部放送学科卒業後は宇野重吉らが率いる「劇団民藝」に所属。その後はコントグループ「キモサベ社中」「キャラバン」を経て、88年にコントグループ「ニュースペーパー」を結成。リーダー兼脚本家として活躍した。98、99年にはTBSラジオ「松崎菊也のいかがなものか!」でパーソナリティーを務めた。現在も風刺エッセイや一人芝居を中心に活躍中。

なぜ男は「絶対王者」羽生結弦が嫌いなのか

公開日: 更新日:

 羽生結弦の発言。

「オリンピックチャンピオンとしてのボク」おお、自覚してきたな。

「唯一無二の存在としてのボク」そ、そうか、たしかにな、あっはっは。

「絶対王者としてのボク」ぜ、ぜ、絶対王者かい、安倍晋三だってそこまでは言うまい。

「陰陽師はボクにしかやれない」すごいな安倍の晴明ボクちゃんは!

 いやにエスカレートしとるなあ。現実にのし上がった自分のカッコよさを言葉で言い尽くし、寸分の隙も見せたくない確固たる意志! だから長野で開かれたNHK杯で初めて300点を超えた直後のインタビューで「ここ名古屋という特別な地で」と言ったのを、「長野ですね?」と訂正されて、急激に早口になり、

「あ、長野です。ボク今名古屋って言ってしまいました、すいません、長野です長野。オリンピックの聖地長野という特別なリンクで達成できたのは、羽生結弦を応援してくれているすべてのみなさんへどうのこうのどうのこうの!」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  2. 2

    菅首相が米ファイザー直接交渉で赤っ恥 CEOとの対面が頓挫

  3. 3

    安倍前政権の反知性主義が「国産ワクチン開発遅れ」の元凶

  4. 4

    眞子さまは駆け落ち婚も覚悟?あえて危ない橋を渡る生き方

  5. 5

    大谷モテモテでメディア大騒ぎ 米国人気質が人気に追い風

  6. 6

    ワクチン後進国の日本が“変異株リスク”…米外交専門誌が警鐘

  7. 7

    大谷が驚異のパワー増でMLB「抜き打ち検査」の標的に…!

  8. 8

    東京五輪へ“Wパンチ” 変異株と季節性流行が7~8月にピーク

  9. 9

    眞子さまとの結婚問題で小室圭さんは? 謝らない人の心理

  10. 10

    吉村知事がTV行脚で自己弁護 コールセンターに抗議殺到!

もっと見る