松崎菊也
著者のコラム一覧
松崎菊也戯作者

53年3月9日、大分県別府市生まれ。日大芸術学部放送学科卒業後は宇野重吉らが率いる「劇団民藝」に所属。その後はコントグループ「キモサベ社中」「キャラバン」を経て、88年にコントグループ「ニュースペーパー」を結成。リーダー兼脚本家として活躍した。98、99年にはTBSラジオ「松崎菊也のいかがなものか!」でパーソナリティーを務めた。現在も風刺エッセイや一人芝居を中心に活躍中。

なぜ男は「絶対王者」羽生結弦が嫌いなのか

公開日: 更新日:

 羽生結弦の発言。

「オリンピックチャンピオンとしてのボク」おお、自覚してきたな。

「唯一無二の存在としてのボク」そ、そうか、たしかにな、あっはっは。

「絶対王者としてのボク」ぜ、ぜ、絶対王者かい、安倍晋三だってそこまでは言うまい。

「陰陽師はボクにしかやれない」すごいな安倍の晴明ボクちゃんは!

 いやにエスカレートしとるなあ。現実にのし上がった自分のカッコよさを言葉で言い尽くし、寸分の隙も見せたくない確固たる意志! だから長野で開かれたNHK杯で初めて300点を超えた直後のインタビューで「ここ名古屋という特別な地で」と言ったのを、「長野ですね?」と訂正されて、急激に早口になり、

「あ、長野です。ボク今名古屋って言ってしまいました、すいません、長野です長野。オリンピックの聖地長野という特別なリンクで達成できたのは、羽生結弦を応援してくれているすべてのみなさんへどうのこうのどうのこうの!」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  2. 2

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  3. 3

    志村けんさん「笑いの美学」鉄道員で共演の高倉健も惚れた

  4. 4

    藤浪トレード急加速 コロナ感染契機に他球団が再調査開始

  5. 5

    立川志らくをバッサリ…“毒舌の先輩”たけしの批判に説得力

  6. 6

    志村けんさんの店も…銀座のクラブで“コロナ蔓延”の根拠

  7. 7

    東出昌大“緊急生謝罪”の裏に…長澤まさみの「重い一言」

  8. 8

    月25万円の年金生活 2万円で大好きな遺跡や寺社仏閣巡り

  9. 9

    休校期間中のスペイン旅行で娘が感染 呆れた親のモラル

  10. 10

    志村けんさん 泥酔記者に愛の一喝「話をちゃんと聞け!」

もっと見る