• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

相撲協会理事選へ“集票”激化も 「親方衆の投票」は法律違反

 この協会に必要なのは「改革」ではなく「解体」ではないか。

 北の湖理事長急逝後、なりふり構わぬ暗闘を繰り広げている九重親方(元横綱千代の富士)と裏金顧問。来年1月に行われる理事選での復権をもくろむ九重親方に対し、これを阻止したい裏金顧問。かつてパチンコ業者からの裏金を受け取った動画がネット上に流れたのは、九重親方サイドの陰謀といわれた。そのため、顧問は邪魔者となった九重親方を2014年の選挙で理事から落選させた経緯がある。

 互いの勢力をそぐために、彼らは来年の理事選の票を今から買い漁っているという。1000万円単位の「実弾」が飛び交っているというウワサもある。

 だが、彼らは自分たちのしていることの意味をわかっているのか。というのも、相撲協会が14年度に移行した新公益財団法人制度では、親方衆に理事を決める権利はない。公益財団法人公益法人協会の広報が言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    豪雨初動遅れも反省なし…安倍政権が強弁するウソと言い訳

  3. 3

    ZOZO社長とW杯決勝観戦 剛力彩芽“はじけっぷり”に心配の声

  4. 4

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

  5. 5

    検察は動くか アベトモ古屋議員に裏金疑惑が浮上 

  6. 6

    助っ人はベンチに 阪神・金本監督はロサリオが嫌いなのか

  7. 7

    “苦戦の戦犯”は金本監督 阪神の凡ミス多発は意識の低さ

  8. 8

    河野外相ツイートが炎上 切望した外遊の中身は“観光”同然

  9. 9

    ロッテは身売り否定も…ZOZO前澤氏が招く“球界再編”第2幕

  10. 10

    否定会見で墓穴 古屋圭司議員の“裏金”疑惑ますます深まる

もっと見る