目標「15勝」掲げた阪神・藤浪 達成のカギは捕手が握る

公開日: 更新日:

 阪神の藤浪晋太郎(21)が今キャンプ初のブルペン入り。計47球を投げ、変化球をすべて試すなど、順調な滑り出しをみせた。途中からは新人捕手の坂本誠志郎(22=明大)がマスクをかぶると、藤浪の方から積極的にコミュニケーションをとるシーンも見られ、「感覚としては良かった。(坂本とは)初めてなので、言葉にしないとわからないから」と、説明した。

 昨季は14勝7敗(防御率2.40)でチームの勝ち頭。プロ4年目の今季は「序盤からアピールしないといけないかといえば、そうではない」とマイペース調整を行うなど、エースとしての自覚がうかがえる。目標は昨季を上回る15勝で、8から10の「貯金」をつくりたいようだが、それを達成できるかどうかは捕手との相性もある。

 藤浪は昨季、鶴岡(38)と梅野(24)に昨季限りで引退した藤井(39)の3人とバッテリーを組んだ。捕手別防御率を見ると鶴岡が2.16で、梅野が3.32。打撃は魅力だが、リード、キャッチングに難がある梅野とのコンビになると、極端に成績が悪くなっている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  2. 2

    “安倍1強”に早くも暗雲 参院選の「前哨戦」で自民敗北危機

  3. 3

    大阪W選は自民リード…松井一郎氏“落選危機”で維新真っ青

  4. 4

    指導者に興味なしイチローにオリックス「オーナー」就任案

  5. 5

    不倫訴訟報道の後藤真希…ブログの私生活も虚像だったのか

  6. 6

    下方修正なのに…月例経済報告「緩やかに景気回復」の大嘘

  7. 7

    「めちゃイケ」終了1年…雛形あきこと鈴木紗理奈の現在地

  8. 8

    白髪イチローの衰えた姿に身震いするような色気を感じる

  9. 9

    JOC後任会長の最有力 山下泰裕氏の評判と“先祖返り”懸念

  10. 10

    20代美女と醜聞発覚 田原俊彦の“業界評”が真っ二つのワケ

もっと見る