• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「超変革」掲げる金本阪神 カギは“真剣紅白戦”とOB分析

「紅白戦を増やすというなら、ぜひ生かして欲しいですね」

 こう話すのは、阪神OBの評論家・福間納氏だ。

 阪神は2月のキャンプで土日祝日を中心に紅白戦を増やす方針。練習試合を行う際の移動の負担を考慮し、練習試合を昨年の5試合から楽天、ヤクルトとの2試合に減らすため、実戦不足を補う意図に加え、ファンサービスも兼ねているという。前出の福間氏が言う。

「阪神の大きな課題は走塁面です。キャンプでは、技術の習得に加え、積極的に次の塁を狙うという意識、意欲を高めないといけない。阪神は昨季、465得点でリーグワーストだった。本塁打を打てる打者がゴメス、福留と限られるため、足を生かして1点を取ることが得点力アップには必要不可欠。しかし現状は鳥谷を筆頭に、上本、大和ら走れる選手がいるにもかかわらず、チーム48盗塁とリーグ最少だった。上位のヤクルト、巨人よりも明らかに劣ったのが走塁だった。広い甲子園球場を本拠地にしているのだから、なおさら生かさない手はない」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    中居正広“ジャニーズ残留”決定か…ウラに野望とカネと打算

  2. 2

    静香次女コウキ ファッション業界で囁かれる“本当の実力”

  3. 3

    キムタク低迷と次女デビューで…動き出した工藤静香の狙い

  4. 4

    無策の安倍首相を尻目に…本田圭佑「電撃訪朝」急浮上

  5. 5

    竹内涼真vs手越祐也 明暗分かれたサッカーW杯キャスター評

  6. 6

    フジの中居MC計画潰した 「徹子の部屋」は元の放送時間へ

  7. 7

    強豪私学が相次ぎ予選敗退…公立高校が全国で“逆襲”のワケ

  8. 8

    結婚を前提に交際中…高畑充希を両親に紹介した坂口健太郎

  9. 9

    最近目立つ暴力事件より高校野球で根深いのは“たばこ問題”

  10. 10

    90年代はやりたい放題だった…とんねるずへのノスタルジー

もっと見る