• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

金本阪神キャンプ「ウエートトレ」強制に専門家が疑問符

 テレビカメラ18台に報道陣が230人。12球団で最も注目を集めた阪神キャンプも、初日は雨にたたられ、屋内での練習となった。

「鍛えるキャンプにする」と明言している金本新監督が重視しているのがウエートトレーニングだ。若い頃はマッチ棒みたいに細い体だった金本監督は、バーベルやマシンを使って鋼のような体をつくりあげ「鉄人」になった。ちなみに現役時代の体脂肪率は7~9%ぐらいだったという。

 阪神キャンプはこれまでも個別にウエートをやっていたが、今年から午後のメニューの中に組み込み、1クールに2日は強制的に行うことになった。監督自身の経験から、選手のパワーやスケールアップを図ろうというわけだ。

 しかし、フィジカルトレーナーの平山昌弘氏は首をかしげてこう語る。

「金本監督は現役時代、ウエートトレのおかげで結果を残しましたが、彼はパワーで打つタイプだった。一方で、3度の三冠王に輝いた落合(博満)さんのように、体重移動とバットをしなやかに操りながら打つタイプもいる。落合さんと話した時、『俺は大きくなかった(三冠王当時178センチ・80キロ)ので、効率よく体を使うことしか考えていなかった。ウエート? そんなことやったら、俺は壊れちゃうよ』と聞いて、なるほどなと思ったものです。監督は主観ではなく、選手の適性を見極めて客観的に判断しなければなりません。練習方法も合う人、合わない人がいる。自身の経験値だけに頼ってウエートを強制すれば、壊れてしまう選手も出てくる。ウエートで体を大きくした清原選手がそうだったように、筋肉に依存する打者の晩年は体がボロボロです」

 それは投手だって同じだろう。阪神の元エースだった江夏(豊)が、ウエートトレ―ニングをガンガンやっていたという話は聞いたことがない。ウエートトレがプラスになる選手がいるのは間違いないが、逆もまたしかりである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  2. 2

    森達也氏が危惧 オウム以降の日本社会は「集団化」が加速

  3. 3

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  4. 4

    元大リーガー・マック鈴木さん 酒豪ゆえに付いたアダ名は

  5. 5

    黄金世代が上位独占も…評論家が女子ツアーの現状憂うワケ

  6. 6

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  7. 7

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

  8. 8

    翁長氏が後継指名 玉城氏出馬でどうなる沖縄知事選の行方

  9. 9

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  10. 10

    徳永有美アナが古巣に復帰 「報ステ」現場は大ブーイング

もっと見る