昨季とは大違い 来日の阪神ゴメス“ヤル気満々”2つの理由

公開日: 更新日:

「去年とはえらい違いやな」

 阪神OBがつぶやいた。去る27日に来日したゴメス(31)のことだ。

 同郷のドミニカ共和国から新助っ人のマテオ(31)、ドリス(28)を引き連れて日本にやってきたゴメスは、「日本で2年間経験している。教えられることはあると思う」と殊勝に語った。

 2014年に打点王(109打点)を獲得した大砲も、昨年はパスポートを紛失したとしてキャンプの合流が大幅に遅れ、打率.271、17本塁打、72打点と大幅に成績を下げた。

 が、今年は予定通りに来日し、金本監督からの減量指令に応えて6キロも絞り込んだという。前出のOBが言う。

「ゴメスの契約は今年限りだから、気合も入っているんだろう。阪神では活躍したら大幅に給料が上がる。今季、大活躍すれば契約延長はもちろん、年俸は1億円増の3億円突破、複数年契約を勝ち取る可能性は十分にある。昨季限りで退団したマートンを見てみろよ。最高年俸は4億5000万円プラス出来高(15年)。在籍6年間で出来高を除いた基本年俸だけで約16億5000万円も稼いだんだからね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    竹内結子さん急死 昵懇だった三浦春馬さんの死と自身の不調

  2. 2

    巨人のドラフトとFA補強にソフトBの壁 争奪戦ガチンコ必至

  3. 3

    山口達也逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

  4. 4

    竹内結子さん急死の謎 家庭と仕事の両立に金銭的な重圧も

  5. 5

    収入すべてを使い切る生活 今の暮らしでは4年後に老後破綻

  6. 6

    竹内結子さんと三浦春馬さんに「共通項」…心理学者が分析

  7. 7

    巨人と阪神が熱視線 ドラ1候補近大・佐藤の気がかりなキズ

  8. 8

    原巨人がついに着手する“リストラ”作業 FA補強の影響は?

  9. 9

    阪神には行きたくない 糸井2世も敬遠する球団の構造的欠陥

  10. 10

    スガ友人事横行 異例抜擢“秋田つながり”柿崎補佐官の評判

もっと見る