昨季とは大違い 来日の阪神ゴメス“ヤル気満々”2つの理由

公開日:  更新日:

「去年とはえらい違いやな」

 阪神OBがつぶやいた。去る27日に来日したゴメス(31)のことだ。

 同郷のドミニカ共和国から新助っ人のマテオ(31)、ドリス(28)を引き連れて日本にやってきたゴメスは、「日本で2年間経験している。教えられることはあると思う」と殊勝に語った。

 2014年に打点王(109打点)を獲得した大砲も、昨年はパスポートを紛失したとしてキャンプの合流が大幅に遅れ、打率.271、17本塁打、72打点と大幅に成績を下げた。

 が、今年は予定通りに来日し、金本監督からの減量指令に応えて6キロも絞り込んだという。前出のOBが言う。

「ゴメスの契約は今年限りだから、気合も入っているんだろう。阪神では活躍したら大幅に給料が上がる。今季、大活躍すれば契約延長はもちろん、年俸は1億円増の3億円突破、複数年契約を勝ち取る可能性は十分にある。昨季限りで退団したマートンを見てみろよ。最高年俸は4億5000万円プラス出来高(15年)。在籍6年間で出来高を除いた基本年俸だけで約16億5000万円も稼いだんだからね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  2. 2

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  3. 3

    動くとビキニが…水原希子“透け映えコーデ”に会場クギづけ

  4. 4

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  5. 5

    石崎ひゅーいとは破局か “共演者キラー”蒼井優の次の相手

  6. 6

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  7. 7

    後輩芸人と絶縁宣言で浮き彫りに JOYとユージの好感度の差

  8. 8

    日産は会長人事見送り…ルノーに逆らえずクーデター大失敗

  9. 9

    「THE W」優勝 阿佐ヶ谷姉妹より受けていたのは滝沢カレン

  10. 10

    半グレ摘発も…真空地帯となったミナミを仕切るのはどこか

もっと見る