横一線の争いも…阪神・梅野は来季「正捕手」になれるか

公開日:  更新日:

 11日に違法賭博を一部認めた呉昇桓(33)との交渉を打ち切った阪神。抑え候補の新助っ人を獲得する方針だが、長年固定できない捕手も心配の種になっている。

 今季、捕手でチーム最多の71試合に出場した藤井が引退。金本監督は正捕手争いを「横一線」とし、来年大卒3年目を迎える梅野(24)、ベテランの鶴岡(38)に加え、ドラフト2位新人の坂本(明大)、三塁に転向していた元捕手の今成(28)らが参戦する。

 筆頭候補はファンの期待が大きい梅野だろう。今季はわずか56試合出場で、スタメンマスクをかぶったのは35試合のみ。他球団のスコアラーは「リードに意図があまり感じられない。投手をグイグイ引っ張ろうとするスタイルは良いが、投手はその日によって良いボール、悪いボールがある。良いボールを軸に使った配球をしたりという工夫がない」と厳しい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    5億円の攻防へ 阪神「台湾の三冠王」王柏融獲得は苦戦必至

  2. 2

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  3. 3

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  4. 4

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  5. 5

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  6. 6

    自粛期間終了? NEWS手越祐也が“六本木に再び出没”情報

  7. 7

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

  8. 8

    ムロツヨシは実はモテ男 「イケメンに見えてくる」の声も

  9. 9

    ソト天井打に実況絶叫も…東京ドームの限界を評論家が指摘

  10. 10

    中田翔は3年10億円 破格契約の裏に日ハムの“イメージ戦略”

もっと見る