• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

横一線の争いも…阪神・梅野は来季「正捕手」になれるか

 11日に違法賭博を一部認めた呉昇桓(33)との交渉を打ち切った阪神。抑え候補の新助っ人を獲得する方針だが、長年固定できない捕手も心配の種になっている。

 今季、捕手でチーム最多の71試合に出場した藤井が引退。金本監督は正捕手争いを「横一線」とし、来年大卒3年目を迎える梅野(24)、ベテランの鶴岡(38)に加え、ドラフト2位新人の坂本(明大)、三塁に転向していた元捕手の今成(28)らが参戦する。

 筆頭候補はファンの期待が大きい梅野だろう。今季はわずか56試合出場で、スタメンマスクをかぶったのは35試合のみ。他球団のスコアラーは「リードに意図があまり感じられない。投手をグイグイ引っ張ろうとするスタイルは良いが、投手はその日によって良いボール、悪いボールがある。良いボールを軸に使った配球をしたりという工夫がない」と厳しい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    やはり妊娠?デキ婚でもビクともしない前田敦子の“規格外”

  3. 3

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  4. 4

    安倍3選で現実味を増す “日本版リーマン・ショック”の到来

  5. 5

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  6. 6

    シールで聴衆選別…「ヤメロ」コール徹底排除した安倍陣営

  7. 7

    美女とデート報道 田原俊彦は干されても腐らず再ブレーク

  8. 8

    恫喝して票集めるよりも 討論会用の替え玉を用意したら?

  9. 9

    ロング丈ワンピ姿に注目 前田敦子はやっぱり“おめでた”か

  10. 10

    進次郎氏当日まで完黙…裏に父・小泉元首相“ゴルフ密約説”

もっと見る