横一線の争いも…阪神・梅野は来季「正捕手」になれるか

公開日:  更新日:

 11日に違法賭博を一部認めた呉昇桓(33)との交渉を打ち切った阪神。抑え候補の新助っ人を獲得する方針だが、長年固定できない捕手も心配の種になっている。

 今季、捕手でチーム最多の71試合に出場した藤井が引退。金本監督は正捕手争いを「横一線」とし、来年大卒3年目を迎える梅野(24)、ベテランの鶴岡(38)に加え、ドラフト2位新人の坂本(明大)、三塁に転向していた元捕手の今成(28)らが参戦する。

 筆頭候補はファンの期待が大きい梅野だろう。今季はわずか56試合出場で、スタメンマスクをかぶったのは35試合のみ。他球団のスコアラーは「リードに意図があまり感じられない。投手をグイグイ引っ張ろうとするスタイルは良いが、投手はその日によって良いボール、悪いボールがある。良いボールを軸に使った配球をしたりという工夫がない」と厳しい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    偽装離婚で資産隠し 羽賀研二を“金の亡者”に変えた原点

  2. 2

    毎勤不正「組織的関与なし」幕引き図る監察委のデタラメ

  3. 3

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  4. 4

    憲法改正国民投票CMに待った「通販生活」意見広告の趣旨は

  5. 5

    ハゲタカ勢も虎視眈々 日産vsルノーついに始まる株争奪戦

  6. 6

    愛娘の元彼・羽賀を“希代のワル”と見抜いた梅宮辰夫の慧眼

  7. 7

    日テレ料理番組終了で…速水もこみち“レギュラーゼロ”危機

  8. 8

    「給料は我慢したのに」と戦力外通告の選手に言われて…

  9. 9

    雄星「4年60億円」の反動懸念 “温厚”シアトルでも痛い目に

  10. 10

    1歳年下フジテレビ社員の彼が“観劇デート”後の車中で…

もっと見る