横一線の争いも…阪神・梅野は来季「正捕手」になれるか

公開日: 更新日:

 11日に違法賭博を一部認めた呉昇桓(33)との交渉を打ち切った阪神。抑え候補の新助っ人を獲得する方針だが、長年固定できない捕手も心配の種になっている。

 今季、捕手でチーム最多の71試合に出場した藤井が引退。金本監督は正捕手争いを「横一線」とし、来年大卒3年目を迎える梅野(24)、ベテランの鶴岡(38)に加え、ドラフト2位新人の坂本(明大)、三塁に転向していた元捕手の今成(28)らが参戦する。

 筆頭候補はファンの期待が大きい梅野だろう。今季はわずか56試合出場で、スタメンマスクをかぶったのは35試合のみ。他球団のスコアラーは「リードに意図があまり感じられない。投手をグイグイ引っ張ろうとするスタイルは良いが、投手はその日によって良いボール、悪いボールがある。良いボールを軸に使った配球をしたりという工夫がない」と厳しい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    元宝塚男役トップ明日海りおは“ポスト天海祐希”の大本命

  2. 2

    渋沢栄一の不思議 なぜ“名を冠した企業”が1社しかないのか

  3. 3

    多部未華子の夢は「子育てに没頭」 ファンが案じる女優引退

  4. 4

    不倫報道の福原愛 緩さとモテぶりは現役時から評判だった

  5. 5

    北川景子もハマっている「盛り塩」なぜ広まった?注意点も

  6. 6

    東電22兆円巨額裁判の行方「株主代表訴訟」弁護団長に聞く

  7. 7

    愛知県リコール署名偽造はビジネス右翼による国家国民攻撃

  8. 8

    NHKに焦り?22年前期朝ドラ「ちむどんどん」早すぎる発表

  9. 9

    眞子さま婚約破談の危機 問題の400万円をなぜ誰も処理せず

  10. 10

    米国進出の渡辺直美は大成功する公算大 竹内結子の後輩に

もっと見る