中日岩瀬が決意「抑えができなければ辞める」に変わりなし

公開日: 更新日:

 第1クール最終日の3日。中日のベテラン左腕・岩瀬仁紀(41)はしたたる汗をぬぐいながら、ブルペンで80球を投げ込んだ。ブルペンに一番乗りしたキャンプ初日からの3連投に、本人は「投げていて感触は良かった。順調すぎるくらい投げることができた」と充実感を漂わせた。

 谷繁監督は「3連投で今日は80球でしょ? 元気に投げてくれている。普通に投げられるんであれば、開幕一軍ももちろん考えている」と期待を寄せると、森ヘッドも「今は投げられるところを見せたいんじゃないか。次のクールはそういうわけにはいかないだろうけど、投げられるようなら一軍はある」と言った。

 プロ17年間で積み上げた402セーブは、歴代最多。新人の99年から13年まで15年連続50試合登板を果たした「鉄腕」も、昨季は左肘痛の影響などでプロ初の0試合登板に終わった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “安倍1強”に早くも暗雲 参院選の「前哨戦」で自民敗北危機

  2. 2

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  3. 3

    エリカ様は張り込み班に「なに撮ってんだよばかやろう!」

  4. 4

    伝説の麻薬Gメンが指摘 ピエール瀧コカイン常習の“証拠”

  5. 5

    不倫訴訟報道の後藤真希…ブログの私生活も虚像だったのか

  6. 6

    世界1位奪取にルノー日産が画策?自動車業界大再編の予兆

  7. 7

    京都に“愛の新居”報道…それでも鈴木京香が結婚しない理由

  8. 8

    現実から目を背けるために過去を「いじくり廻してゐる」

  9. 9

    記者に華奢な手を差し出し…葉月里緒奈に感じた“魔性の女”

  10. 10

    ロシア紙さえも“詭弁”と評したプーチン大統領の特異解釈

もっと見る