中日岩瀬が決意「抑えができなければ辞める」に変わりなし

公開日: 更新日:

 第1クール最終日の3日。中日のベテラン左腕・岩瀬仁紀(41)はしたたる汗をぬぐいながら、ブルペンで80球を投げ込んだ。ブルペンに一番乗りしたキャンプ初日からの3連投に、本人は「投げていて感触は良かった。順調すぎるくらい投げることができた」と充実感を漂わせた。

 谷繁監督は「3連投で今日は80球でしょ? 元気に投げてくれている。普通に投げられるんであれば、開幕一軍ももちろん考えている」と期待を寄せると、森ヘッドも「今は投げられるところを見せたいんじゃないか。次のクールはそういうわけにはいかないだろうけど、投げられるようなら一軍はある」と言った。

 プロ17年間で積み上げた402セーブは、歴代最多。新人の99年から13年まで15年連続50試合登板を果たした「鉄腕」も、昨季は左肘痛の影響などでプロ初の0試合登板に終わった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    年金生活者の確定申告 面倒くさがらずにやれば還付3万円超

  2. 2

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  3. 3

    忖度なしの外資系が…ANAホテル沈黙は安倍自民の口封じか

  4. 4

    女性がNHK大河ソッポ 長谷川博己“若い明智光秀”なぜ不評?

  5. 5

    「麒麟がくる」視聴率下降の原因か…海老蔵の“語り”が不評

  6. 6

    石井GMとの確執を噂され解任…平石前楽天監督に真相を直撃

  7. 7

    新型肺炎の三馬鹿トリオ 引きずり降ろさなければ危機拡大

  8. 8

    視聴率急落のNHK「麒麟がくる」に安藤サクラ“緊急登板”説

  9. 9

    確定申告電話相談センターに医療費控除あれこれ聞いてみた

  10. 10

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る