中日岩瀬が決意「抑えができなければ辞める」に変わりなし

公開日: 更新日:

 第1クール最終日の3日。中日のベテラン左腕・岩瀬仁紀(41)はしたたる汗をぬぐいながら、ブルペンで80球を投げ込んだ。ブルペンに一番乗りしたキャンプ初日からの3連投に、本人は「投げていて感触は良かった。順調すぎるくらい投げることができた」と充実感を漂わせた。

 谷繁監督は「3連投で今日は80球でしょ? 元気に投げてくれている。普通に投げられるんであれば、開幕一軍ももちろん考えている」と期待を寄せると、森ヘッドも「今は投げられるところを見せたいんじゃないか。次のクールはそういうわけにはいかないだろうけど、投げられるようなら一軍はある」と言った。

 プロ17年間で積み上げた402セーブは、歴代最多。新人の99年から13年まで15年連続50試合登板を果たした「鉄腕」も、昨季は左肘痛の影響などでプロ初の0試合登板に終わった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原巨人トレード放出“次の大物”は?田口麗斗電撃移籍の波紋

  2. 2

    G戸郷“実室2年目”ジンクス打破の予兆 桑田指導にモノ申す

  3. 3

    脚本に酷評続々「ウチ彼」…唯一救いは岡田健史の存在感

  4. 4

    日本の民主主義にとって百害あって一利なしの内閣広報官

  5. 5

    福原愛にも不倫報道!徹子の部屋での異変と台湾の家庭事情

  6. 6

    150人が殺到 久美子氏の誕生日「晴れ舞台」で迫られた弁明

  7. 7

    中学受験始まる新4年生「塾でつまずき出す」のが5月の理由

  8. 8

    ビールかけで転倒し尻に瓶刺さり流血…10針縫って二次会へ

  9. 9

    巨人「田口↔広岡」トレードの背景に坂本勇人の後継者問題

  10. 10

    内閣広報官に小野日子氏内定 迷走していた後任選び全内幕

もっと見る