浅尾の先発転向に賛成の権藤氏 「中日のやり方」への不満語る

公開日:  更新日:

 12年に中日の一軍投手コーチとして現場復帰した私は、着任前に浅尾拓也(30)の先発転向案をメディアに開陳した。

 その時点で浅尾は2年連続70試合以上に投げ、直近4年で262試合に登板。セットアッパーとしてシーズンMVPを獲得し、抑えの岩瀬と並ぶ中日の絶対的な切り札だったが、それに甘えてこんなペースで投げ続けさせてしまえば、遅かれ早かれ潰れてしまう、という懸念があったのだ。

 浅尾に水を向けると、「これまで通りで」とやんわり断られた。本人の希望を無視してまで配置転換するつもりはなかった私は「そうか、分かった」と持論を引っ込めながらも、「いずれは先発でやるということも考えよう」と言い添えた。

 あれから3年、その浅尾の先発転向プランが再燃している。連休中の2日に登録抹消された際、森ヘッドコーチが「故障じゃない。本人もロングで投げてみたいと言っているし、ゆくゆくは先発という時期にきている」とコメントしたのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  4. 4

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  7. 7

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  8. 8

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  9. 9

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  10. 10

    “猫の目”打線にも順応 ソフトB中村は打順を選ばぬ仕事人

もっと見る