若手守護神に“勤続疲労”続出 負の連鎖はなぜ起きたのか?

公開日: 更新日:

 ここ数年、プロ野球界では「若手守護神」が災難つづきだ。

 今月上旬、開幕からDeNAの絶対的な抑えだった山崎康晃(22)が「勤続疲労」を理由に休養。9日から復帰予定とはいえ、数日間の休みでどこまで回復したのかは疑問が残る。

 昨季途中から抑えに回った西武・高橋朋己(26)も、序盤からの登板過多(6月末までに30試合)もあって、7月上旬から急失速。同14日の楽天戦から5試合連続失点を許して、配置転換を余儀なくされた。

 他にも、昨季21セーブを挙げたDeNA・三上朋也(26)は、昨年の蓄積疲労から、今春キャンプで右ヒジ炎症を発症。開幕からシーズン中盤までを棒に振った。13年にセーブ王(33セーブ)に輝いたロッテの益田直也(25)も今や当時の面影はない。こうなると、楽天で球団最多セーブ記録(27セーブ)を更新し続ける松井裕樹(19)も心配になってくる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「ルパンの娘」で“55歳美魔女”怪演 42歳小沢真珠の女優魂

  2. 2

    “愛の巣”から消えた…二宮和也と伊藤綾子の破局説を検証

  3. 3

    市場が警戒…参院選後の日本を超円高と株価暴落が襲う

  4. 4

    たとえ自分の議席を失ってもすでに山本太郎は勝っている

  5. 5

    ハンディ乗り越え…深田恭子「ルパンの娘」に大化けの予感

  6. 6

    「ぎぼむす」vs「奥様は、」綾瀬はるか次回作の熾烈争奪戦

  7. 7

    「Heaven?」好発進は“PR効果”?石原さとみに訪れた正念場

  8. 8

    NHKとテレ東は参院選開票特番「もう、やめたい」が本音

  9. 9

    コンビでカビ臭い部屋に住む宮下草薙 私生活は「真逆」

  10. 10

    「輸出規制」で本当に困るのは韓国ではなく日本だ

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る