若手守護神に“勤続疲労”続出 負の連鎖はなぜ起きたのか?

公開日:  更新日:

 ここ数年、プロ野球界では「若手守護神」が災難つづきだ。

 今月上旬、開幕からDeNAの絶対的な抑えだった山崎康晃(22)が「勤続疲労」を理由に休養。9日から復帰予定とはいえ、数日間の休みでどこまで回復したのかは疑問が残る。

 昨季途中から抑えに回った西武・高橋朋己(26)も、序盤からの登板過多(6月末までに30試合)もあって、7月上旬から急失速。同14日の楽天戦から5試合連続失点を許して、配置転換を余儀なくされた。

 他にも、昨季21セーブを挙げたDeNA・三上朋也(26)は、昨年の蓄積疲労から、今春キャンプで右ヒジ炎症を発症。開幕からシーズン中盤までを棒に振った。13年にセーブ王(33セーブ)に輝いたロッテの益田直也(25)も今や当時の面影はない。こうなると、楽天で球団最多セーブ記録(27セーブ)を更新し続ける松井裕樹(19)も心配になってくる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    辺野古「県民投票」不参加表明 沖縄県“アベ友”5市長の評判

  8. 8

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  9. 9

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る