DeNAモスコーソはイエローの“勝負下着”で気持ちを高める

公開日:  更新日:

「俺には勝負パンツがあるんだ。パンツといっても下着じゃない(苦笑い)。イエローのスライディングパンツだ。ここ5年間ほど、登板する日には必ずはいている。はくと気持ちが高まっていく。俺にとってのジンクス(ゲン担ぎ)だね」

 以前から、「イエローが好き。俺のラッキーカラー」というDeNA3年目のギジェルモ・モスコーソ(32)は、日刊ゲンダイが話を聞いた日に履いているランニングシューズも黄色だった。

 今季、2年契約の最終年を迎えるこの助っ人右腕は昨オフ、個人トレーナーを雇って下半身を強化し、食事制限で自らを追い込んだという。

「今年は勝負の年。体重は95キロまで絞り込んだ。(9勝を挙げた)14年と同じ体重にした。昨年は98キロだったが、ケガをしたのでウエート、ランニングで下半身を中心に鍛えてきたよ。食事も、2カ月前から炭水化物の食事は週2回に抑えて野菜や魚など消化にいいものを取った。ブルペンに入っても体が軽く感じる。今年は1年間、ローテを守りたい」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    水道法改正の裏で…民間業者「水を止める」と住民“脅迫”

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    偶然なのか…「不適切入試」の医学部はなぜかブラック病院

  5. 5

    4K&8Kテレビの選び方は…両方導入したプロが基礎を解説

  6. 6

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  7. 7

    家庭内でも孤立…貴乃花が妻と弟子にした“正座説教”1時間

  8. 8

    専門家が指摘…あおり運転は善良なドライバーもやっている

  9. 9

    冬巡業も数日間のみ 稀勢の里は1月場所休場ならジ・エンド

  10. 10

    46歳アンナが心配で…引退報道を一蹴した梅宮辰夫の胸の内

もっと見る