DeNAモスコーソはイエローの“勝負下着”で気持ちを高める

公開日: 更新日:

「俺には勝負パンツがあるんだ。パンツといっても下着じゃない(苦笑い)。イエローのスライディングパンツだ。ここ5年間ほど、登板する日には必ずはいている。はくと気持ちが高まっていく。俺にとってのジンクス(ゲン担ぎ)だね」

 以前から、「イエローが好き。俺のラッキーカラー」というDeNA3年目のギジェルモ・モスコーソ(32)は、日刊ゲンダイが話を聞いた日に履いているランニングシューズも黄色だった。

 今季、2年契約の最終年を迎えるこの助っ人右腕は昨オフ、個人トレーナーを雇って下半身を強化し、食事制限で自らを追い込んだという。

「今年は勝負の年。体重は95キロまで絞り込んだ。(9勝を挙げた)14年と同じ体重にした。昨年は98キロだったが、ケガをしたのでウエート、ランニングで下半身を中心に鍛えてきたよ。食事も、2カ月前から炭水化物の食事は週2回に抑えて野菜や魚など消化にいいものを取った。ブルペンに入っても体が軽く感じる。今年は1年間、ローテを守りたい」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    秋篠宮家の眞子さまは一時金1億5000万円では生活できない

  2. 2

    「ボス恋」上白石萌音“高視聴率ヒロイン”定着に必要なこと

  3. 3

    眞子さま婚約破談の危機 問題の400万円をなぜ誰も処理せず

  4. 4

    「トゥナイト」で人気の高尾晶子さんはボートレースの顔に

  5. 5

    首都圏“宣言”解除に暗雲 都が積極的調査で陽性掘り起こし

  6. 6

    「ボス恋」成功は上白石萌音の魅力を最大限に生かしたこと

  7. 7

    吉本“粛清”ターゲットの大本命は加藤浩次よりキンコン西野

  8. 8

    「国際大会は分散開催でしか生き残れない」運営の専門家が提唱

  9. 9

    桑田補佐と菅野がベッタリ 絶対エースの傾倒に周囲は不安

  10. 10

    菅田将暉に月9主演が浮上 大河と映画3本で体調は大丈夫?

もっと見る