DeNAラミレス監督“常識破壊”次々 大化け選手が何人出るか

公開日: 更新日:

 キャンプインを翌日に控えた1月31日、全体ミーティングでDeNAのラミレス監督(41)が真顔で選手に語りかけた。

「10年間続くBクラスを止めないといけない。CSにいくだけでは私は満足できない。最終的なゴールは優勝だ」

 すでに、中心打者の梶谷を2番へ配置転換することを公言、昨季3勝の山口をシーズン開幕投手に指名し、捕手2人制を明言するなど、斬新なアイデアを次々に披露している新監督。チーム最重要課題である正捕手の育成についても、「打撃力とIQは求めない。(配球を含めて)ベンチから試合をコントロールする」と言い放ち、頭の固い球界OBを「常識外」と呆れさせている。

 選手やコーチもさぞ困惑していると思いきや、光山バッテリーコーチはこう言った。

「監督の意図は、指のサイン(配球)、(守備の)フォーメーションについては、ベンチが行う。とにかく捕手には、『捕って、止めて、投げる』という基本的な守備の能力を磨いてほしいということです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “安倍1強”に早くも暗雲 参院選の「前哨戦」で自民敗北危機

  2. 2

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  3. 3

    エリカ様は張り込み班に「なに撮ってんだよばかやろう!」

  4. 4

    世界1位奪取にルノー日産が画策?自動車業界大再編の予兆

  5. 5

    現実から目を背けるために過去を「いじくり廻してゐる」

  6. 6

    記者に華奢な手を差し出し…葉月里緒奈に感じた“魔性の女”

  7. 7

    指導者に興味なしイチローにオリックス「オーナー」就任案

  8. 8

    ロシア紙さえも“詭弁”と評したプーチン大統領の特異解釈

  9. 9

    下方修正なのに…月例経済報告「緩やかに景気回復」の大嘘

  10. 10

    大阪W選は自民リード…松井一郎氏“落選危機”で維新真っ青

もっと見る