球団最速1億円も…“裏の師匠”を失ったDeNA筒香の気がかり

公開日:  更新日:

 DeNAの筒香(24)が19日、横浜市内の球団事務所で契約交渉を行い、5400万円増の年俸1億円でサインした。自ら望んでドミニカ共和国のウインターリーグに参加していたために更改が遅れていたが、7年目での大台到達は高卒野手としては球団最速。「今年は勝つしかない。自分の力で勝ったという試合をつくりたい」とさらなる飛躍を誓った。

 昨季は不動の4番として打率.317、24本塁打、93打点と自己最高成績。プレミア12の侍ジャパンでも4番を務めた。ついにその才能を完全に開花させ、球界を代表するスラッガーに成長したが、チーム関係者が「唯一の気がかり」と口にするのが、チームを去った“師匠”の存在だ。

 表の師が4番と主将に抜擢して一本立ちさせた中畑前監督なら、裏の師は二人三脚で今の打撃フォームをつくった大村打撃コーチ。ともに昨年限りでチームを去ったが、筒香にとってより痛いのはロッテ二軍コーチに転出した裏の師の方だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

  3. 3

    実はボンボン 桜田大臣“大工あがりの叩き上げ”は経歴詐称

  4. 4

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  5. 5

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  6. 6

    ロッテに対抗し青天井 巨人がFA丸に5年35億~40億円の狂気

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  9. 9

    FA浅村の楽天入り決定 ソフトBは“赤っ恥”で来季へ遺恨残す

  10. 10

    逮捕飛び火の小池知事 “ゴーンイズム”心酔アピールの過去

もっと見る