球団最速1億円も…“裏の師匠”を失ったDeNA筒香の気がかり

公開日:  更新日:

 DeNAの筒香(24)が19日、横浜市内の球団事務所で契約交渉を行い、5400万円増の年俸1億円でサインした。自ら望んでドミニカ共和国のウインターリーグに参加していたために更改が遅れていたが、7年目での大台到達は高卒野手としては球団最速。「今年は勝つしかない。自分の力で勝ったという試合をつくりたい」とさらなる飛躍を誓った。

 昨季は不動の4番として打率.317、24本塁打、93打点と自己最高成績。プレミア12の侍ジャパンでも4番を務めた。ついにその才能を完全に開花させ、球界を代表するスラッガーに成長したが、チーム関係者が「唯一の気がかり」と口にするのが、チームを去った“師匠”の存在だ。

 表の師が4番と主将に抜擢して一本立ちさせた中畑前監督なら、裏の師は二人三脚で今の打撃フォームをつくった大村打撃コーチ。ともに昨年限りでチームを去ったが、筒香にとってより痛いのはロッテ二軍コーチに転出した裏の師の方だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    偽装離婚で資産隠し 羽賀研二を“金の亡者”に変えた原点

  2. 2

    毎勤不正「組織的関与なし」幕引き図る監察委のデタラメ

  3. 3

    憲法改正国民投票CMに待った「通販生活」意見広告の趣旨は

  4. 4

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  5. 5

    ハゲタカ勢も虎視眈々 日産vsルノーついに始まる株争奪戦

  6. 6

    日テレ料理番組終了で…速水もこみち“レギュラーゼロ”危機

  7. 7

    愛娘の元彼・羽賀を“希代のワル”と見抜いた梅宮辰夫の慧眼

  8. 8

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  9. 9

    雄星「4年60億円」の反動懸念 “温厚”シアトルでも痛い目に

  10. 10

    「給料は我慢したのに」と戦力外通告の選手に言われて…

もっと見る