ベイで心機一転の久保裕也 「話が直接きたのはDeNAだけ」

公開日: 更新日:

 昨オフに巨人を戦力外になった久保裕也(35)が復活を懸けて新天地で汗を流している。02年に自由枠で巨人に入団。新人年の03年に6勝を挙げるなど9年間で43勝(31敗)をマーク。先発やリリーフ、抑えで活躍するも、11年オフに右股関節、翌12年にはトミー・ジョン手術を受けた。14年に4勝4敗11ホールドと復活したが、昨季は一軍登板ゼロで13年間在籍した巨人を去った。4日もブルペン入りするなど、順調に調整を進める久保を直撃した。

――初日はいきなり集合時間に遅刻しましたね?(笑い)

「(苦笑いを浮かべながら)ホント、申し訳ない気持ちです。当日はマネジャーさんからの電話で起きました。毎年、キャンプが始まるのを楽しみにしてて、ワクワクしていたら朝の5時半まで眠れなかったんです」

――昨年は一軍登板ゼロでしたが、二軍で38試合に登板しました。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女性がNHK大河ソッポ 長谷川博己“若い明智光秀”なぜ不評?

  2. 2

    年金生活者の確定申告 面倒くさがらずにやれば還付3万円超

  3. 3

    忖度なしの外資系が…ANAホテル沈黙は安倍自民の口封じか

  4. 4

    嵐に深刻ファン離れ…ナゾの「256動画」も盛り上がらず

  5. 5

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  6. 6

    嵐・櫻井翔の“秘密情報”ダダ漏れ裏に熱狂「裏アカ」の存在

  7. 7

    嵐ファン真っ青…北京公演中止に続き21年結婚ラッシュ突入

  8. 8

    ノートのコピーが自らの首を締め…功名心に負けた阪神時代

  9. 9

    飯豊まりえに“ミタゾノの呪い” 過去のヒロインは引退沙汰

  10. 10

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る