2ケタ勝利ある ソフトB復帰の和田に「本格復活」の太鼓判

公開日: 更新日:

 首脳陣もご満悦だ。今季から古巣ソフトバンクに復帰した和田毅(34、前カブス)が3日、2度目のブルペン入り。直球を約40球投げ込むと、辛口で知られる佐藤投手コーチも「計算できそうだな」と、笑みを見せた。

「年齢的にも球数を少なくしたい」と話した和田。11年オフにオリオールズに移籍したが、1年目のスプリングトレーニング中に左ひじの違和感を訴えると、開幕直後にDL入り。5月にはトミー・ジョン手術を受けた。その後、2年間メジャーで登板はなく、13年オフにカブスとマイナー契約。14年は13試合に先発し、4勝4敗。昨季は左足と左肩のケガに悩まされ、8試合で1勝1敗だった。

 しかし、あるメジャー関係者は「ケガさえなければ日本で2ケタは勝てる」と話す。

「トミー・ジョン手術は1年半で復帰できるといわれるが、高齢投手ほど時間がかかる。昨季もケガをしなければ、1年間ローテを守れるだけの力はあったからね。しかも、日本では中5、6日と余裕のあるローテで投げられる」

 松坂の復活はマユツバだが、和田は信じてもよさそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “安倍1強”に早くも暗雲 参院選の「前哨戦」で自民敗北危機

  2. 2

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  3. 3

    エリカ様は張り込み班に「なに撮ってんだよばかやろう!」

  4. 4

    世界1位奪取にルノー日産が画策?自動車業界大再編の予兆

  5. 5

    現実から目を背けるために過去を「いじくり廻してゐる」

  6. 6

    記者に華奢な手を差し出し…葉月里緒奈に感じた“魔性の女”

  7. 7

    指導者に興味なしイチローにオリックス「オーナー」就任案

  8. 8

    ロシア紙さえも“詭弁”と評したプーチン大統領の特異解釈

  9. 9

    下方修正なのに…月例経済報告「緩やかに景気回復」の大嘘

  10. 10

    大阪W選は自民リード…松井一郎氏“落選危機”で維新真っ青

もっと見る