2ケタ勝利ある ソフトB復帰の和田に「本格復活」の太鼓判

公開日: 更新日:

 首脳陣もご満悦だ。今季から古巣ソフトバンクに復帰した和田毅(34、前カブス)が3日、2度目のブルペン入り。直球を約40球投げ込むと、辛口で知られる佐藤投手コーチも「計算できそうだな」と、笑みを見せた。

「年齢的にも球数を少なくしたい」と話した和田。11年オフにオリオールズに移籍したが、1年目のスプリングトレーニング中に左ひじの違和感を訴えると、開幕直後にDL入り。5月にはトミー・ジョン手術を受けた。その後、2年間メジャーで登板はなく、13年オフにカブスとマイナー契約。14年は13試合に先発し、4勝4敗。昨季は左足と左肩のケガに悩まされ、8試合で1勝1敗だった。

 しかし、あるメジャー関係者は「ケガさえなければ日本で2ケタは勝てる」と話す。

「トミー・ジョン手術は1年半で復帰できるといわれるが、高齢投手ほど時間がかかる。昨季もケガをしなければ、1年間ローテを守れるだけの力はあったからね。しかも、日本では中5、6日と余裕のあるローテで投げられる」

 松坂の復活はマユツバだが、和田は信じてもよさそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    秋篠宮家の眞子さまは一時金1億5000万円では生活できない

  2. 2

    「ボス恋」上白石萌音“高視聴率ヒロイン”定着に必要なこと

  3. 3

    眞子さま婚約破談の危機 問題の400万円をなぜ誰も処理せず

  4. 4

    首都圏“宣言”解除に暗雲 都が積極的調査で陽性掘り起こし

  5. 5

    「トゥナイト」で人気の高尾晶子さんはボートレースの顔に

  6. 6

    「ボス恋」成功は上白石萌音の魅力を最大限に生かしたこと

  7. 7

    「国際大会は分散開催でしか生き残れない」運営の専門家が提唱

  8. 8

    吉本“粛清”ターゲットの大本命は加藤浩次よりキンコン西野

  9. 9

    今度は全柔連のパワハラ隠蔽疑惑 山下会長の無責任な対応

  10. 10

    身内調査は笑止千万 菅長男“ハレンチ接待”裏側と今後<上>

もっと見る