野茂アドバイザーでパドレス狙う「大物日本人右腕」W獲り

公開日: 更新日:

 日本球界とのパイプがより太く、強固になったのは間違いない。

 ドジャースなどで活躍した野茂英雄(47)が11日(日本時間12日)、パドレスのアドバイザーに就任。選手育成や日本を中心としたアジア地区の選手発掘、獲得に携わることになった。「パドレスの若手を指導、チームをワールドシリーズに導きたい」とは本人だ。

 パドレスは12年8月、元ドジャース会長のピーター・オマリー氏のグループが約624億円で買収。オマリー一族の経営参画によって、かつてのドジャース取締役で野茂の世話役でもあったエーシー興梠氏もパドレスに加入した。今回の野茂の人事に限らず、ドジャースで活躍した斎藤隆氏のフロント入りも、オマリー一族やエーシー興梠氏のツテが大きかったという。西海岸の代理人関係者がこう言った。

「野茂が活躍した90年代後半、ドジャースは朴賛浩も含め、アジア人の活躍によって一大ブームを巻き起こした。ロスや近郊の在米アジア人が熱狂して年間観客動員数は300万人を突破。グッズも飛ぶように売れ、テレビ放映権料を含めたビジネスは大成功した。そうやってドジャースで成功した連中が、パドレスでもアジア戦略によってチームもビジネス面も強化しようと目の色を変えているのです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍首相グルメ三昧 コロナ対策会議わずか10分のデタラメ

  2. 2

    内閣支持率が急降下 現実味を帯びてきた安倍首相の終わり

  3. 3

    コロナ“現地対策本部長”橋本議員 写真削除で露呈した無能

  4. 4

    嵐ファン真っ青…北京公演中止に続き21年結婚ラッシュ突入

  5. 5

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  6. 6

    自民の圧力か ANAホテル豹変しメディアの桜質問にゼロ回答

  7. 7

    女性がNHK大河ソッポ 長谷川博己“若い明智光秀”なぜ不評?

  8. 8

    安倍首相の嘘にもう驚かない 耐性ができたが用心はしてる

  9. 9

    クルーズ船“潜入”医師 安倍政権の感染デタラメ対応を暴露

  10. 10

    鈴木杏樹の不倫対応で思い出す…二人の女優が残した“名言”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る