FA補強ゼロで資金潤沢 ヤンキースがハム大谷に300億円投入

公開日: 更新日:

 大谷翔平(21)の実戦初登板を見るために、ネット裏にはGMやスカウトを含む計50人以上のメジャー関係者が押し寄せた。

 10日(日本時間11日)、米アリゾナ州ピオリアで行われた日本ハム対韓国ロッテの練習試合。大谷は先発して2回を1安打無失点、4奪三振。ストレートの最速は、初登板にもかかわらず157キロをマークした。

 レンジャーズのダニエルズGM、昨年までブルワーズGMだったメルビン現シニアアドバイザー、イチローのマリナーズ時代の監督だったフィリーズのマクラーレン捕手コーチらは口々に大谷の投球を絶賛。「評判通りの選手」「才能にあふれる選手というのは、だれが見ても分かる」と、打者として初の実戦で左前打を放った2日前同様、美辞麗句を並べ立てた。

 メジャー関係者はこの時期、他のチームの選手について本音をしゃべらない。言うとしても歯の浮くようなおべんちゃらがほとんどだが、他のどのチームより大谷を高く評価しているのはメジャーきっての名門球団ヤンキースだという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    桑田真澄に“鬼と仏”の二面性 PL学園、巨人時代の後輩語る

  2. 2

    麻生財務相「一律10万円再給付ない」発言に若者も怒り心頭

  3. 3

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  4. 4

    子飼い河野氏が担当相 菅政権ワクチン信仰に不都合な事実

  5. 5

    森七菜にチラつくステージママの影 囁かれる開店休業危機

  6. 6

    田中に楽天復帰報道 それでもメジャー続行これだけの根拠

  7. 7

    上白石萌音「ボス恋」に有名映画と酷似の声…どう跳ね返す

  8. 8

    菅首相 官房長官時代に使った機密費“86億8000万円”の衝撃

  9. 9

    上白石人気は萌歌→萌音に…女優姉妹で“逆転現象”のナゼ?

  10. 10

    ドラフト下位指名の“大化け”筆頭候補は巨人6位左腕・山本

もっと見る