• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

FA補強ゼロで資金潤沢 ヤンキースがハム大谷に300億円投入

投稿日:  更新日:

 大谷翔平(21)の実戦初登板を見るために、ネット裏にはGMやスカウトを含む計50人以上のメジャー関係者が押し寄せた。

 10日(日本時間11日)、米アリゾナ州ピオリアで行われた日本ハム対韓国ロッテの練習試合。大谷は先発して2回を1安打無失点、4奪三振。ストレートの最速は、初登板にもかかわらず157キロをマークした。

 レンジャーズのダニエルズGM、昨年までブルワーズGMだったメルビン現シニアアドバイザー、イチローのマリナーズ時代の監督だったフィリーズのマクラーレン捕手コーチらは口々に大谷の投球を絶賛。「評判通りの選手」「才能にあふれる選手というのは、だれが見ても分かる」と、打者として初の実戦で左前打を放った2日前同様、美辞麗句を並べ立てた。

 メジャー関係者はこの時期、他のチームの選手について本音をしゃべらない。言うとしても歯の浮くようなおべんちゃらがほとんどだが、他のどのチームより大谷を高く評価しているのはメジャーきっての名門球団ヤンキースだという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

  4. 4

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  5. 5

    ラミ監督は窮地…DeNA“横浜回帰”で浮上する次期監督の名前

  6. 6

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  7. 7

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  8. 8

    投票の“証拠写メ”強制…沖縄知事選で自公が異常な締めつけ

  9. 9

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  10. 10

    浮沈はサーシャに…大坂なおみ“女王君臨”への落とし穴

もっと見る