FA補強ゼロで資金潤沢 ヤンキースがハム大谷に300億円投入

公開日: 更新日:

 大谷翔平(21)の実戦初登板を見るために、ネット裏にはGMやスカウトを含む計50人以上のメジャー関係者が押し寄せた。

 10日(日本時間11日)、米アリゾナ州ピオリアで行われた日本ハム対韓国ロッテの練習試合。大谷は先発して2回を1安打無失点、4奪三振。ストレートの最速は、初登板にもかかわらず157キロをマークした。

 レンジャーズのダニエルズGM、昨年までブルワーズGMだったメルビン現シニアアドバイザー、イチローのマリナーズ時代の監督だったフィリーズのマクラーレン捕手コーチらは口々に大谷の投球を絶賛。「評判通りの選手」「才能にあふれる選手というのは、だれが見ても分かる」と、打者として初の実戦で左前打を放った2日前同様、美辞麗句を並べ立てた。

 メジャー関係者はこの時期、他のチームの選手について本音をしゃべらない。言うとしても歯の浮くようなおべんちゃらがほとんどだが、他のどのチームより大谷を高く評価しているのはメジャーきっての名門球団ヤンキースだという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    沢尻エリカの再生に尽力も水泡…“実姉”蜷川実花監督の慟哭

  2. 2

    沢尻エリカ逮捕に長谷川博己の胸中は…事務所担当者が語る

  3. 3

    取締役と2度会食 安倍事務所がニューオータニを“口封じ”か

  4. 4

    女子プロ随一の人格者・笠りつ子の暴言騒動に「意外」の声

  5. 5

    「元ミヤネ屋」巨人春川国際部長 たった7カ月で“お払い箱”

  6. 6

    プロ意識欠如し誘惑に負け…沢尻エリカと剛力彩芽の共通項

  7. 7

    美馬に続き鈴木にもフラれ…巨人FA2連敗が“怪我の功名”に

  8. 8

    相次ぐ女子プロのツアー引退…それでも老後ウハウハなワケ

  9. 9

    ウッズ歴代最多Vの偉業を日本で 賞金以外にいくら稼いだか

  10. 10

    今度はパワハラ裁判 たけしを悩ます老いらくの恋の“代償”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る