FA補強ゼロで資金潤沢 ヤンキースがハム大谷に300億円投入

公開日: 更新日:

 大谷翔平(21)の実戦初登板を見るために、ネット裏にはGMやスカウトを含む計50人以上のメジャー関係者が押し寄せた。

 10日(日本時間11日)、米アリゾナ州ピオリアで行われた日本ハム対韓国ロッテの練習試合。大谷は先発して2回を1安打無失点、4奪三振。ストレートの最速は、初登板にもかかわらず157キロをマークした。

 レンジャーズのダニエルズGM、昨年までブルワーズGMだったメルビン現シニアアドバイザー、イチローのマリナーズ時代の監督だったフィリーズのマクラーレン捕手コーチらは口々に大谷の投球を絶賛。「評判通りの選手」「才能にあふれる選手というのは、だれが見ても分かる」と、打者として初の実戦で左前打を放った2日前同様、美辞麗句を並べ立てた。

 メジャー関係者はこの時期、他のチームの選手について本音をしゃべらない。言うとしても歯の浮くようなおべんちゃらがほとんどだが、他のどのチームより大谷を高く評価しているのはメジャーきっての名門球団ヤンキースだという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    大内裕和氏 民間背後の教育改革は格差拡大の失敗繰り返す

  2. 2

    安倍首相インド訪問突然中止 永田町で飛び交う“2つの憶測”

  3. 3

    「FNS歌謡祭」で“声の差”が 薬師丸ひろ子と中山美穂の明暗

  4. 4

    二宮和也は2021年6月に“海外挙式”へ 気になる場所と招待客

  5. 5

    最後の一線を越えた…7年間にも及ぶ国と社会に対するテロ

  6. 6

    51歳でも2時間“歌って踊れる” 元CHA-CHA木野正人さんは今

  7. 7

    “安倍側近”の下関市長 市立大人事「私物化疑惑」が大炎上

  8. 8

    巨人・中島が年俸1.5億円→2000万円 それでも「高い」の声

  9. 9

    ジャパンライフ“お墨付き”は安倍首相が 元社員が重大証言

  10. 10

    賀来でコケ…「日テレ日曜ドラマ」清野&横浜で復活なるか

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る