清原容疑者の人生を変えた96年オフ「幻の阪神移籍」

公開日: 更新日:

 清原和博容疑者(48)が覚醒剤取締法違反で逮捕されると、すぐに「巨人移籍が人生を狂わせた」という見方が出てきた。

 例えば、キャスターの小倉智昭は、「巨人に行って、生え抜きの選手がいてキツかったんだと思う。だから、体づくりをして、それが負担になってケガしたりとか……人生の転機で歯車が狂っちゃったのかな」と自身の番組で発言。同じくキャスターの安藤優子も、「巨人に行かなければ清原容疑者はここまで傷つかなかったのでは?」との疑問を投げかけていた。

 まるで“清原が覚醒剤に溺れるようになったのは巨人のせい”というような口ぶりだ。日刊ゲンダイ本紙がかねて指摘しているように、清原が違法薬物に手を出したのは、西武時代からである。薬物に身を落とした清原容疑者の転落と結び付けられる巨人もいい迷惑だが、球界でも「いや、FA権を行使した96年オフに巨人ではなく阪神に移籍していたら、少なくともまた別の人生があったのは確かだろう」という声が多い。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「好きな女子アナ」調査 ベストテンからフジが消えたワケ

  2. 2

    寝耳に水の「1位奥川」報道…G原監督“独善”でスカウト諦観

  3. 3

    12球団OKと明言した大船渡・佐々木朗希の「意中の球団」

  4. 4

    ドラフト一番人気 星稜・奥川を狙う阪神の“嫌われ方”

  5. 5

    坂本の腰痛不安で続く遊撃探し 巨人“外れドラ1”候補の名前

  6. 6

    丸の活躍で味をしめ…原巨人の次なる標的は中日159km左腕

  7. 7

    三流国家のワル経営者に蝕まれる日本企業に世界が冷笑

  8. 8

    嘘まみれの日米貿易協定 ボロボロ出てくる隠蔽と虚偽説明

  9. 9

    巨人にやっと1勝…阪神には落合博満のような“劇薬”が必要

  10. 10

    石田ゆり子&渡辺美奈代 50歳で評価「天と地の差」のナゼ

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る