• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

清原容疑者の人生を変えた96年オフ「幻の阪神移籍」

 清原和博容疑者(48)が覚醒剤取締法違反で逮捕されると、すぐに「巨人移籍が人生を狂わせた」という見方が出てきた。

 例えば、キャスターの小倉智昭は、「巨人に行って、生え抜きの選手がいてキツかったんだと思う。だから、体づくりをして、それが負担になってケガしたりとか……人生の転機で歯車が狂っちゃったのかな」と自身の番組で発言。同じくキャスターの安藤優子も、「巨人に行かなければ清原容疑者はここまで傷つかなかったのでは?」との疑問を投げかけていた。

 まるで“清原が覚醒剤に溺れるようになったのは巨人のせい”というような口ぶりだ。日刊ゲンダイ本紙がかねて指摘しているように、清原が違法薬物に手を出したのは、西武時代からである。薬物に身を落とした清原容疑者の転落と結び付けられる巨人もいい迷惑だが、球界でも「いや、FA権を行使した96年オフに巨人ではなく阪神に移籍していたら、少なくともまた別の人生があったのは確かだろう」という声が多い。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権また後手後手 西日本豪雨の補正予算が置き去りに

  2. 2

    日大アメフト部新監督 立命大OB内定に選手らは拒否反応

  3. 3

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  4. 4

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  5. 5

    政財界とも結びつき深く…故・浅利慶太さんの「功と罪」

  6. 6

    傲慢でぶれない自民党と公明党 国民のことは考えていない

  7. 7

    サンドウィッチマン富澤 2007年M-1優勝の瞬間を振り返る

  8. 8

    ドラマ引っ張りだこ 「高嶺の花」でも話題の峯田和伸って

  9. 9

    鈴木良平氏が異論 「代表監督は日本人に限る」風潮は尚早

  10. 10

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

もっと見る