早実・清宮の「中堅」コンバートはプロを見据えた既定路線

公開日: 更新日:

 早実のスラッガー清宮幸太郎(1年)がセンターにコンバートされると、一部スポーツ紙が報じた。春の東京都大会に背番号「8」で登録された。

 昨年の公式戦は全て一塁で出場も、和泉監督はプロ入りを前提とした清宮のコンバート案をとっくに練っていた。早実OBがこう明かす。

「昨年の入学後から一塁だけではなく、いずれは三塁か外野という和泉監督の構想はあった。プロの一塁は主に外国人選手の定位置。一塁しか守れないと苦労するからと、入学直後の5月の親善試合に三塁で出場するなどテストは行っていた。世界一になったリトルリーグ時代は剛速球投手だっただけに肩は強い。遊撃には昨年唯一の2年生レギュラーだった守備のうまい金子主将がいる。センターラインを強化したい監督の考えもあり、清宮は三塁より中堅となった。184センチ、97キロの巨漢ながら50メートルは6秒5。ラグビートップリーグの監督を務める父・克幸氏の教えもあって『走れる巨漢』です。野球人生でセンターの経験はないみたいだが、投手の配球やコースを考慮して守備位置に反映させたりするので、打撃にも生きるはずです」

 清宮とほぼ同サイズのあの松井秀喜もプロ入り後に外野に転向。主に中堅手として日米で活躍した。2年生になる今年は、打って投げて走って、ゴジラのように躍動する年になりそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    元手100万円が6年で“億り人” お笑い芸人はなぜ投資家に?

  2. 2

    一気にレギュラー3本消滅 有吉弘行は賞味期限切れなのか?

  3. 3

    豪華主演で注目!10月スタート秋ドラマの見どころを一挙に

  4. 4

    「出欠の返事ない人は椅子と食事持参で」の招待状が大ウケ

  5. 5

    少女のレモネードスタンドにバイク野郎が大挙した感動秘話

  6. 6

    藤原紀香と“共演NG” 天海佑希以外にも挙がった女優の名前

  7. 7

    藤原紀香vs天海祐希「サザエさん」主演で明暗くっきり?

  8. 8

    聴覚障害少女が初の空の旅…乗務員の深い心配りに賞賛の声

  9. 9

    専門家も指摘 千葉・台風被害の迅速復旧を妨げる行政怠慢

  10. 10

    その男性はなぜ見知らぬ少女の誕生日ケーキ代を払ったのか

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る