U18スタメン復帰も快音なし 米スカウトは清宮をどう見たか

公開日: 更新日:

 全12カ国が参加するU-18W杯は、ネット裏から多くのメジャースカウトが視察。もっぱらのお目当ては、来年のドラフト1位候補に挙げられている米国の最速156キロ右腕オースティン・バーグナーや、日本との予選に先発した左腕のブラクストン・ギャレットといったところだ。

 では、将来のメジャー挑戦を目標に掲げる清宮幸太郎(早実=1年)は、彼らの目にどう映っているのか。西海岸球団のスカウトはこう言った。

「予選の米国戦ではギャレット相手に抑え込まれたが、レベルの高い投手の140キロ以上のボールは初めて見ただろう。技術はあると思うが、バットの軌道が体に近く、前のフォローが小さいからなかなか打球が上がらない。体全体のパワーをもっとつけ、技術を磨けば、僕らも真剣に見ることになると思う」

 また、別のスカウトは清宮の欠点について、こう指摘する。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    れいわ新選組・山本太郎氏「世の中変わるなら捨て石上等」

  2. 2

    安倍自民が恐れ、大メディアが無視する山本太郎の破壊力

  3. 3

    安倍首相「韓国叩き」大誤算…関連株下落で日本孤立の一途

  4. 4

    学会員の動き鈍く…投票率上昇で公明「選挙区1勝6敗」危機

  5. 5

    浅田真央「24時間テレビ」起用で日テレが弾くソロバン

  6. 6

    宮迫のしくじりで好機 ミキらお笑い“第7世代”の虎視眈々

  7. 7

    東北は依然苦戦…安倍首相「応援演説」激戦区は13勝14敗も

  8. 8

    宮川大輔が頓挫…24時間TVマラソンランナー選出のドタバタ

  9. 9

    巨人50勝一番乗り&リーグ貯金独り占めで「CS不要論」再燃

  10. 10

    仙道敦子は脇役で存在感だが…夫・緒形直人の気になる今

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る