国体初戦敗退も…早実・清宮の“進化”にプロスカウト感心

公開日:  更新日:

「緊張はしなかった。しっかり楽しめました」

 早実の清宮幸太郎(1年)がこう言った。和歌山国体の高校野球(紀三井寺)が行われた27日、京都の鳥羽に2-3で敗れてチームは初戦敗退したものの、自らは4打数2安打。特に三回に放った二塁打は、ネット裏のスカウトを感心させる内容だった。

「外角直球を左中間へ持っていった。流し打ちだが、力強い打球。引っ張りが多い今までにはあまり見られなかった打球の質で、着実に進化しているよ」(あるスカウト)

 1年生ながら4番を打ったU─18野球W杯では打率.222と大不振。準優勝に終わった責任を背負いこんでいたが、西谷監督(大阪桐蔭)らにさまざまなアドバイスを受けるなど、収穫は多かった。

「ボールを前でさばけるようになって、より遠くに飛ぶようになった」と本人。三回の二塁打も「手応えはなかったけど、思ったより飛距離が出た」と話した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  3. 3

    森友問題のキーマン 体調不良を理由に「出廷拒否」の仰天

  4. 4

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  5. 5

    ホクロ除去した宮沢りえ 本当の目的は森田剛との“妊活”か

  6. 6

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  7. 7

    カラオケ番組で「素人」得点…武田鉄矢が画面から消えた?

  8. 8

    村上春樹は75年卒…人気作家はなぜ「早大」出身が多いのか

  9. 9

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  10. 10

    音痴で恥ずかしい…カラオケ下手が目立たない曲の選び方

もっと見る