U18に4社のバット持参 清宮に早くも群がる野球ビジネス

公開日: 更新日:

「ヘッドを立たせ、腕をうまく畳んでヒットにした。木製バットも小学生の時から練習で使っているだけあってまったく苦にしないね」

 ネット裏のスカウトが舌を巻いた。

 26日の大学選抜との壮行試合。U18日本代表の「4番DH」でスタメン出場した清宮幸太郎(早実=1年)は第1打席、来年ドラフトの超目玉といわれるMAX155キロの剛腕・田中正義(創価大=3年)と対戦。高校生レベルをはるかに超える148キロの内角直球を、詰まりながらも中前に運んだ。これが高校代表唯一の適時打となり、格上相手に2打数1安打1打点と上々の結果を見せた。

 試合後、「4番と聞いて、少しビックリしたけど、打線を引っ張っていこうと思った。(適時打は)球に押されて詰まったが、いい形で(内野を)抜けてホッとしました」と、28日からの本大会への手ごたえを口にした“怪物”1年生を巡って、早くも大人たちが「これぞ商機」と動き始めている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ゴタゴタ続き…阪神低迷の“A級戦犯”フロントが抱える問題

  2. 2

    阪神には行きたくない 糸井2世も敬遠する球団の構造的欠陥

  3. 3

    埼玉大・高端准教授が警鐘「自助、共助」を強調する危うさ

  4. 4

    菅内閣“ご祝儀報道”の裏で着々…真の肝入りは法務と警察

  5. 5

    菅新内閣の不真面目3閣僚 デジタル担当相はワニ動画で物議

  6. 6

    優香に女優復帰待望論 衰えぬ美貌で深キョンもタジタジ?

  7. 7

    ドラ1候補・明石商中森の母が明かす プロ志望表明の舞台裏

  8. 8

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  9. 9

    阪神ファン大胆提言「矢野監督解任、岡田彰布氏で再建を」

  10. 10

    松田聖子40周年で根性のフル回転…唯我独尊貫くエピソード

もっと見る