• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

U18に4社のバット持参 清宮に早くも群がる野球ビジネス

「ヘッドを立たせ、腕をうまく畳んでヒットにした。木製バットも小学生の時から練習で使っているだけあってまったく苦にしないね」

 ネット裏のスカウトが舌を巻いた。

 26日の大学選抜との壮行試合。U18日本代表の「4番DH」でスタメン出場した清宮幸太郎(早実=1年)は第1打席、来年ドラフトの超目玉といわれるMAX155キロの剛腕・田中正義(創価大=3年)と対戦。高校生レベルをはるかに超える148キロの内角直球を、詰まりながらも中前に運んだ。これが高校代表唯一の適時打となり、格上相手に2打数1安打1打点と上々の結果を見せた。

 試合後、「4番と聞いて、少しビックリしたけど、打線を引っ張っていこうと思った。(適時打は)球に押されて詰まったが、いい形で(内野を)抜けてホッとしました」と、28日からの本大会への手ごたえを口にした“怪物”1年生を巡って、早くも大人たちが「これぞ商機」と動き始めている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    正反対キャラを演じきる 佐藤健“視聴率40%男”の存在感

  2. 2

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  3. 3

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  4. 4

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  5. 5

    焼肉通いは序章…星野源が狙われる新垣結衣との要塞デート

  6. 6

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  7. 7

    二宮和也はジャニーズの“条件”拒み…伊藤綾子と来年結婚か

  8. 8

    安倍自民がブチあげ「省庁再々編」は国民ダマしの常套手段

  9. 9

    安倍首相が総裁選で獲得 地方票「55%」の怪しいカラクリ

  10. 10

    吉澤ひとみの逮捕で…「元モー娘。」相次ぐ謝罪の違和感

もっと見る