• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「一本足打法」生みの親 荒川博氏は清宮幸太郎をどう見るのか

 今夏の甲子園5試合全てで安打を放ち、19打数9安打の打率.474、2本塁打、8打点。フィーバーを巻き起こした早実の清宮幸太郎(1年)の活躍に、目を細めている人物がいる。通算868本塁打の世界記録を持つ王貞治(現ソフトバンク球団会長)を二人三脚で育て上げた師匠であり、当時の巨人打撃コーチだった荒川博氏だ。「一本足打法」の生みの親でもある荒川氏も早実出身。19日に行われた高校野球秋季東京都大会の1次予選3回戦・保谷戦でも2試合連続となる推定130メートルの特大場外弾を放ち、3打数2安打4打点の活躍で10月10日開幕の秋季都大会本大会へ導くなど大活躍の怪物を、「大先輩」はどう見たか。

■現段階では王よりスケールが大きい

――清宮フィーバーは凄まじかった。

「王もそうだったけど、100年に一人の逸材だね。警備員を増やしたりなんて心配はこれまでなかった。甲子園の朝一番の第1試合が超満員になることもなかった。それだけで凄い。まるでベーブ・ルースだよ。甲子園で内角を引っ張ってライト線へ二塁打を打った打席(3回戦の東海大甲府戦の第5打席)があったでしょ。ファウルにならないあの打ち方は絶妙。教えられたものというより、天性のものですよ」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事