広島ドラ1岡田明丈に「鈍感力」 監督のカミナリにもケロリ

公開日: 更新日:

 いきなりやってしまった! 2月16日の紅白戦で「ノールック牽制」のサインが出たにもかかわらず、野手を「チラ見」してしまうミス。おまけにアウトカウントも間違えるなどバタバタで2回4失点と散々だった。初実戦でプロの洗礼を受けると、監督室に呼ばれ、緒方監督に初カミナリを落とされた。

 並の新人なら落ち込んでシュンとなってしまうところ。「さすがにこたえたやろうな」と岡田を励ましに向かった担当の鞘師智也スカウトは驚いたという。

「ものの5分と経たずにケロッとした表情でトレーニングをしていた。呆れるやら頼もしいやら……。そういうハートの部分も評価しての1位。『鈍感力』で頑張って欲しいですね」

 その5日後の同21日。初の対外試合となった巨人とのオープン戦では、149キロの直球で村田から三振を奪うなど、2回を無安打無失点。紅白戦とは人が変わったような投球に緒方監督は「今までで一番良かった。力のある球を投げ込んでいた」と満足そうだった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    引退も覚悟? 小倉優香ラジオ降板テロの裏に年収1億円彼氏

  2. 2

    軽率さ変わらぬ石田純一 東尾理子に見放され離婚へ一直線

  3. 3

    台紙の上部には見えないのに下部にだけ広がる「斜線」の謎

  4. 4

    昭恵夫人 居酒屋は小池号令厳守も“闇紳士”逮捕で疑惑再燃

  5. 5

    上沼恵美子「降板の全真相」現場は“辞めたる”を待っていた

  6. 6

    これはやりすぎ…夫の浮気現場でCA妻が取った驚きの行動

  7. 7

    夫の定年後に妻の外出が増加 交際費と被服費が家計を圧迫

  8. 8

    吉村知事の危うい“人体実験” うがい薬騒動に専門家も警鐘

  9. 9

    海老蔵「ひどくないですか」コロナ補償直訴で松竹と確執か

  10. 10

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

もっと見る